ベルゴンツィ(T)リサイタル スカレーラ(p) /84年LIVE (ANF0353BGA)

メイン画像:ベルゴンツィ(T)リサイタル スカレーラ(p) /84年LIVE (ANF0353BGA)ジャケット写真

商品番号:ANF0353BGA

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

 <ベルゴンツィ イン コンチェルト (ベルゴンツィ・リサイタル)>
●[1] ティリンデッリ:おお春よ
[2] ラロ:「イスの王様」より「ああ 空しく」(朝の歌)
[3,4] トスティ:別れの歌, 最後の歌
[5] チレーア:「アルルの女」より「いつもの話か」(フェデリコの嘆き)
[6] ジャコベッティ (ショパン原曲):悲しみ
[7] カイローネ:汝が心 なぜに閉ざす
[8] ピエトリ:マリステッラ「わたしは庭園を知っている」
[9] ヴェルディ:「海賊」より「わたしがはじめて恋をした時」
[10] 同 :「ルイザ・ミラー」より「穏やかな夜には」
[11] ボーイト:「メフィストーフェレ」より「人生最後の時」
[12] ベッツィア:ロリータ, [13] デ クルティス:忘れな草
[13] ヴェルディ:「十字軍のロンバルディア人」より「このわたしの喜びを」

■カルロ・ベルゴンツィ(T) ヴィンチェンツォ・スカレーラ(p)

CD//国内仕様盤 {ADD} ANF−ボン ジョヴァンニ*ANF0353BGA (GB2502-2)
 発売:90年/定価:3090円/録音:1984年LIVE/収録時間:59分
△海外盤に四ツ折の日本語解説書と長オビを附したもの △歌詞対訳掲載
△ディスク=イタリア製 (PhonoComp)

◇ディスク:A-/小スリキズ少しあり ◇ブック:A-/軽い変色あり 裏表紙に薄汚れ少しあり ◇解説書:A〜A-/変色あり ◇ケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり ◇長オビ:B/シワあり

☆[1-13]1984. 3. 30 カルピ・テアトロ・コムナーレ,[14]84. 5. 23 ヴァレーゼ (ともにイタリア) におけるライヴ録音。−[2,7]は仏語。[6]は「別れの曲」の編曲。−ベルゴンツィ60歳時のリサイタルより。1950年代からオペラの舞台で活躍し、その後も美声を保ち続け、長い現役生活を続けたベルゴンツィの力強い歌声。一方 若きスカレーラの迫力あるピアノも大変 印象的です。観客の大盛り上がりも聞きもの。−ベルゴンツィは2001年 (77歳) に来日してリサイタルを開くなど、これ以後も長く歌い続けました。2014年没。−懐かしいANFによる国内仕様盤。解説は高崎保男氏。さすがに知的で しっかりとした解説です。[3]のピアノ序奏部分で、ベルゴンツィが何ごとか話していることのついては解説がありませんが、「Questa e dedicate mio caro … Luciano Pavarotti (この歌をパヴァロッティに捧げます)」とかなんとか言っているようです。

商品番号:ANF0353BGA

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】