【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 管弦楽曲・吹奏楽 > モーツァルト > モーツァルト:アイネ・クライネ,序曲4曲,葬送音楽 ワルター (SRCR2305)

モーツァルト:アイネ・クライネ,序曲4曲,葬送音楽 ワルター (SRCR2305)

モーツァルト:アイネ・クライネ,序曲4曲,葬送音楽 ワルター (SRCR2305)

商品番号:SRCR2305

通常価格:700円(内税)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●モーツァルト:
[1]「アイネ クライネ ナハトムジーク」K.525 (セレナード第13番)
[2]「劇場支配人」K.486 序曲
[3]「コシ ファン トゥッテ」K.588 序曲
[4]「フィガロの結婚」K.492 序曲
[5]「魔笛」K.620 序曲
[6] フリーメイソンのための葬送音楽 K.477

■ブルーノ・ワルター指揮 コロンビアso

CD//国内盤 {ADD} So−ソニー*SRCR2305
 発売:98年/定価:1995円/録音:[1]1958, [2-6]61年/収録時間:45分
△DSDリマスター

◇ディスク:A-〜B+/スリキズ少しあり(小さめ) ◇ブック:A-〜B+/シワ少しあり ◇ケース:B+ ◇バック・インレイにシワ少しあり 白地部分に軽い変色あり

☆[1]はワルター最晩年のコロンビア響との一連の録音の中でも一番の名演奏ではないでしょうか。大きめの編成による弦楽のボワーンと柔らかく包み込むような豊かな響き (決してウマくはないんですけど…)。おおらかで優しく、まるで好々爺が慈しむように作り上げた民芸品のような手作り感。まさしく最晩年のワルターが達した枯淡の境地。それらの録音を中心に聞いていた日本の好楽家にとってはこれこそワルターのイメージでした。その後の洗練された演奏のいろいろと聞いた後、ふるさとに戻ってきたかのような懐かしさを感じます。−[2]以降も同傾向の演奏でありながら、よりスケール感や勢いを聞かせてくれます。しかし やはりワルターが目を細めてフレージングを慈しむように撫でているような箇所が素敵。他に聞くことができない美質でしょう。−ワルターは1954年にもコロンビア響と上記6曲を録音 (モノーラル) していました (「ミラベルの庭園にて」)。ただしオケはこのステレオ録音のコロンビア響とは別の東海岸のオケです。−ブックレットには米COLUMBIAオリジナル盤に掲載されていた「ワルター、モーツァルトを語る」掲載。興味深い内容です。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆