▽ロッシーニ:チェネレントラ シャイー; バルトリ (436902・2CD)

メイン画像:▽ロッシーニ:チェネレントラ シャイー; バルトリ (436902・2CD)ジャケット写真

商品番号:436902

  • 通常価格:2,000円(内税)
  • 会員価格:1,600円(内税)【20%OFF】

●ロッシーニ:
「チェネレントラ (シンデレラ)」全曲

■チェチーリア・バルトリ(MS:チェネレントラ) ウィリアム・マッテウッツィ(T:ラミロ) アレッサンドロ・コルベッリ(Br:ダンディーニ) エンツォ・ダーラ(Bs:マニフォコ) フェルナンダ・コスタ(S:クロリンダ) グロリア・バンディテッリ(MS:ティズベ) ミケーレ・ペルトゥージ(Bs:アリドーロ)
 リッカルド・シャイー指揮 ボローニャ市立歌劇場o 同cho マリオ・ベノット(fp)

CD//海外盤 {DDD} DECCA*436 902-2 (2枚組)
 発売:93年/録音:1992年/収録時間:73+75分
△紙箱付き(厚さ3.7センチ) △大判ブックレット付き(196ページ)
△伊語詞・独英仏語訳掲載
△ディスク中心部の刻印=MADE IN GERMANY BY EDC

◇ディスク:1)B+/小スリキズ少しあり(強め*動作確認済),2)A-〜B+/小スリキズ少しあり ◇ブック:A-/表紙に軽い小シワ少しあり 表紙両面に薄汚れあり 内部白地に軽い変色あり ◇ケース:透B+ ◇紙箱:A-〜B+/角に傷み少しあり 線キズ少しあり

☆バルトリ、マッテウッツィの歌、そしてシャイーの指揮を含めて、輝かしい歌を高らかに響かせる歌の饗宴、というのとは一味違っています。もちろんバルトリのアジリダの細かいパッセージは完璧で、マッテウッツィも得意の高音を軽々と鳴らしていますが、ただ単に明るく楽しく盛り上げるだけのブッフォというのではなく、童話をもとにしながらもそうした要素をできるだけ省き、 “灰かぶり” にも生身の人間らしい感情を吹き込んだロッシーニの意図から、よりリアルなドラマとしての再現を目指しているように思われます。国内盤のオビには バルトリに関して “可憐なシンデレラ” という宣伝文句が記されていますが、決して可憐な乙女の歌ではなく メッツォらしい肉感がありますし、またそこには不幸な境遇を精一杯生きる人間の、あるいは恋する “女” の生々しい感情が、繊細で周到な歌によって表現されているようです。−レチタティーヴォにチェンバロではなく、フォルテピアノ、あるいはチェロ、コントラバスが使用されているのも、そうした意図の重要な試みではないのでしょうか。−一見バカバカしいようで 実は人生の機微がつまったロッシーニの素晴らしいオペラ・ブッファ。そのドラマ性の再現は、ひょっとすると現在のオペラ界の傾向からして 主流であるのかもしれませんが、少なくとも私にとっては これが、それを最も強く感じさせた最初の録音でした。

商品番号:436902

  • 通常価格:2,000円(内税)
  • 会員価格:1,600円(内税)【20%OFF】