【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 交響曲 > イギリス・その他、オムニバス > ドン・ギリス:交響曲X,同第3番 他 ホブソン=ヴァルソヴィア {HYBR}

ドン・ギリス:交響曲X,同第3番 他 ホブソン=ヴァルソヴィア {HYBR}

ドン・ギリス:交響曲X,同第3番 他 ホブソン=ヴァルソヴィア {HYBR}

商品番号:TROY933

通常価格:1,500円(内税)
会員価格:1,420円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●ドン・ギリス:
[1] 交響曲 X「ビッグD」
[2]「タルサ」(石油の交響的ポートレイト)
[3] 交響曲第3番「自由人のための交響曲」

■イアン・ホブソン指揮 シンフォニア ヴァルソヴィア

HYBR-CD//海外盤 ALBANY*TROY933
 発売:06年/録音:2006年/収録時間:61分
△薄型ディジパック仕様・ブックレット接着タイプ
△ディスク=MADE IN THE USA

◇ディスク:B+/スリキズ部分的にあり ◇ブック:A〜A-/ジャケ面に小キズ少しあり ◇紙ケース:B+/線キズ少しあり 裏面に波うち少しあり

☆私にとって2018年一番の音楽的発見は、交響曲第5と1/2番をはじめとするドン・ギリス (1912〜78 / アメリカ) の音楽との出会いでした。ルロイ・アンダーソン、グローフェなどを思い出させる、ポップス調を取り入れた平明で明るい作風が魅力で、しかもそんな作風で10曲ほどの交響曲を書いているというこの大胆さ。しかし緩徐楽章では民謡風の美しいメロディの曲であったり、アメリカの歴史を描いたシリアスな交響詩もあり、彼の作品に流れているのはアメリカの歴史と伝統を重んじる精神だと思われます。カラッと明るい気質の表出、ポップスを取り入れたバカ騒ぎもまたアメリカらしさでありましょう。どうしても軽く見られるでしょうが、アメリカ国民学派と呼んでもよい、ユニークな作曲家であったと思われます。−今回 また新たなアルバムが入荷し、新しい作品に接することができました。[1]は1968年作曲。「X」は第10番という意味ではなく「不明」を表す彼一流のユーモアとのこと。副題「The Big D」はテキサス州ダラスの頭文字とニ調のふたつの意味とのことです。第1楽章: オール・アメリカン シティ − 第2楽章: 英雄たちへのレクィエム − 第3楽章: コンヴェンショニアー (大会参加者) − 第4楽章: コットン ボウル。ギリスらしい賑やかなユーモアあふれる音楽ですが、ここでも緩徐楽章 (第2楽章) は民謡風のメロディによる美しい音楽です。第3楽章はギクシャクしたワルツ、終楽章「コットン ボウル」は毎年1月にテキサス州アーリントンでおこなわれる大学のフットボールとのことで、想像通りの賑やかなフィナーレです。なお第5と1/2番などのようにドラムスは入りません。−1950年作曲の[2]「タルサ」はオクラホマ州にある石油都市。オイル・フィーバーに沸く様子を描いているとのことで、後半にはギリス一流のアメリカンなバカ騒ぎの仕掛けが繰り広げられます。−[3]は3つの遅い楽章からなり、しかもいずれも10分を超え、内容もシリアス。太平洋戦争中の1942年の作曲で、自由人のための交響曲というタイトル。音楽を通してこの国の理想を暗示することを目的として書かれたとのことです。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆