【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 管弦楽曲・吹奏楽 > フランス、スペイン > クリュイタンス=フランス国立放送管/ライヴ・イン・ロシア 1959年

クリュイタンス=フランス国立放送管/ライヴ・イン・ロシア 1959年

クリュイタンス=フランス国立放送管/ライヴ・イン・ロシア 1959年

商品番号:ARS004

通常価格:2,000円(内税)
会員価格:1,900円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

 <クリュイタンス・ライヴ イン ロシア>
●[1] ラヴェル:「クープランのトンボー」
[2] ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
[3] デュカス:「魔法使いの弟子」
[4] ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」Op.24 より3曲〔1/鬼火のメヌエット,2/妖精の踊り,3/ハンガリー行進曲〕
[5] ビゼー (ギロー編):「アルルの女」より ファランドール

■アンドレ・クリュイタンス指揮 フランス放送国立o

CD//海外盤 {MONO/ADD} ARS NOVA*ARS 004
 発売:01年頃/録音:1959年LIVE/収録時間:52分
△紙ジャケット・タイプ (ブックレットなし)・不織布ディスクケース

◇ディスク:B+/細かいスリキズ部分的にあり(強め含む*動作確認済) ◇紙ジャケ:白地部分に軽い変色あり

☆1959. 5. 10, 11 モスクワ音楽院大ホールにおけるライヴ録音。−ARS NOVAはロシアのレーベルのようですが、詳細は不明。プロディーサーは P. ドネプロフスカヤ。一時期 レニングラード放送局の音源をもとにした貴重なライヴ録音をいくつか発売しました。商業用録音でないこと、しかもロシアの録音であることを考えると音質良好。想像以上の音質のよさと言えるでしょう。 −フランス好きとしてはクリュイタンスのロシア・ライヴというだけで興味津々ですが、牧神の午後への前奏曲、「魔法使いの弟子」というクリュイタンスがセッション録音を残さなかった貴重なレパートリーが含まれるということで、たまりません。−慣れない地でのライヴということで奏者にはかたさがあるようですが、それでも[1]の流麗、洒脱な表現、あるいはオケのフランスならでは奏法、響きに魅了されます。[2]も現代風の精緻な洗練とは違いますが、昔スタイルの粋。作り込んだ感じがなく、即興的なのがかっこいい。ドビュッシーのセッション録音を残すことに積極的ではなかったことがかえすがえすも残念です。他もクリュイタンスらしさが光る見事な演奏ですが、ハンガリー行進曲、アンコールと思われるファランドールの扇情的な表現と白熱はライヴならでは。必要以上にエレガントであることを強調されがちなクリュイタンスのライヴの姿 (本当の姿) を知ることのできる貴重な録音のひとつといえるかも知れません。−なお同年 同ホールにおけるビゼーの交響曲 他のライヴがDVDで発売されていましたが、同じ時のものなのでしょう。 −なおブックレットは付いておらず、紙ジャケット内側に 英語によるクリュイタンスの経歴が掲載されています。また[1]はトラックが切られていません。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆