【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 室内楽・器楽曲 > モーツァルト-I/三重奏以上の編成 > モーツァルト:弦楽四重奏曲第21,22番 オルランドQ (412121)

モーツァルト:弦楽四重奏曲第21,22番 オルランドQ (412121)

モーツァルト:弦楽四重奏曲第21,22番 オルランドQ (412121)

商品番号:412121

通常価格:1,200円(内税)
会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●モーツァルト:
[1] 弦楽四重奏曲第22番 変ロ長調 K.589 (プロシャ王第2番)
[2] 同 第21番ニ長調 K.575 (プロシャ王第1番)

■オルランドQ〔イシュトヴァーン・パルカーニ, ハインツ・オーベアドルファー,フェルディナンド・エアブリヒ,ステファン・メッツ〕

CD//海外盤 {DDD} PHILIPS*412 121-2
 発売:86年/録音:1983年/収録時間:50分
△ディスク中心部の刻印=MADE IN W.GERMANY BY PDO

◇ディスク:A-〜B+/小スリキズ少しあり(強め*動作確認済) 内縁に強いスリキズあり ◇ブック:B+/内部にシワ少しあり・細かい波うちあり 白地に変色あり 薄汚れ部分的にあり ◇ケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に変色あり

☆1989. 9 スイス・ラ ショー ド フォンにおける録音。−オルランドQは1976年に結成、第1ヴァイオリンが2回変わりながら1997年まで活動した弦楽四重奏団。アムステルダムで結成されましたが、初期メンバーはハンガリー (ドイツ生まれ)、ドイツ、オーストリア、ルーマニア出身。後の第1ヴァイオリンを含め、オランダ出身はいませんでした。PHILIPSに数点の録音をおこなったのち、今井信子とともに BISにモーツァルト:弦楽五重奏曲全集を録音しています。−中庸なテンポでの丁寧なフレージングが大変 印象的。やや渋めの音色、4つの線のバランス、それらのまろやかな溶け具合が美しく、近年の才気煥発、鋭敏な音楽とは一線を画していますが、ダイナミズムにおいても不足することはありません。この2曲は いわゆる「ハイドン四重奏曲」に比べると幾分地味ですが、だからといって極端なことをやるのではなく、しぜんに音楽に語らせ、それでいて曲の魅力を充分に聞かせることに成功しているようです。このような才能と魅力あるアンサンブルの録音が多く残されなかったことはなんともったいないことか…。モーツァルトの弦楽四重奏曲では 第16, 17番が1992年、STICHTING KAMERMUZIEK AMSTERDAMというレーベルで残されているようです。ただし第1ヴァイオリンは3代目のアルヴィド・エンゲゴールドです。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆