【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 管弦楽曲・吹奏楽 > その他、オムニバス > <ウィーンの夏祭り> スラットキン=ミネソタso (PRO ARTE*CDD224)

<ウィーンの夏祭り> スラットキン=ミネソタso (PRO ARTE*CDD224)

<ウィーンの夏祭り> スラットキン=ミネソタso (PRO ARTE*CDD224)

商品番号:CDD224

通常価格:2,700円(内税)
会員価格:2,560円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

 <ウィーンの夏祭り>
●[1] スッペ:「詩人と農夫」序曲
[2] ベートーヴェン:軍隊用行進曲第1番ヘ長調 WoO.18, 同 第2番ヘ長調 WoO.19
[3] モーツァルト:「アイネ クライネ ナハトムジーク」K.525 (セレナード第13番)
[4] R. シュトラウス:「ばらの騎士」より ワルツ
[5] J. シュトラウスII:「こうもり」序曲
[6] ヨハン II&ヨゼフ・シュトラウス:ピッツィカート・ポルカ
[7] J. シュトラウスII:皇帝円舞曲 Op.437

■レナード・スラットキン指揮 ミネソタso

CD//海外盤 {DDD} PRO ARTE*CDD 224
 発売:85年/録音:1984年/収録時間:61分

◇ディスク:B〜B-/スリキズ部分的にあり(強め含む*動作確認済) ◇ブック:A-/ジャケ面端に小シワ少しあり 白地部分に軽い変色あり ◇ケース:B

☆1984. 11 ミネアポリス・オーケストラ ホールにおける録音。プロデューサー:ジョン・マックルーア、エンジニア:ラス・ポラッド。−ミネアポリスでは毎年7月中頃からオーケストラ ホールを中心とした夏祭りが開催されるのですが、オーストリア系ドイツ人が多いこともあってか、街はウィーン風の広場となり、露店が開かれ、ダンスや演奏で賑わうのだそうです。そして土曜の夜は野外のダンスホールと化し、ミネソタ響が演奏するウィンナ・ワルツやポルカなどを踊り楽しむとのこと。当アルバムはそれを再現したアルバムというわけです。ウィーン風とは別の語法のウィンナ・ワルツもまた一興です (しかし こちらのほうがインターナショナルというべきか) 。−意外にもスラットキンはミネソタ響の首席になっていないのですね。当時はセイント ルイス響の音楽監督でした。ただし 以前入荷した国内盤のライナーノート の出谷啓氏によれば、ミネソタ響のメドウブルック夏季音楽祭の芸術監督とつとめている、とありますので、その夏祭りはスラットキンが仕切っていたということでしょう。なお当時のミネソタ響の音楽監督はマリナー (1979〜86) でした。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆