【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 協奏曲 > ピアノ協奏曲/チャイコフスキー,ラフマニノフ > チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ニコラーエワ,マズア=GoL

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ニコラーエワ,マズア=GoL

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ニコラーエワ,マズア=GoL

商品番号:BC2134

通常価格:1,100円(内税)
会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●チャイコフスキー:
ピアノ協奏曲第1番 Op.23

■タチアナ・ニコラーエワ(p) クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウスo

CD//海外盤 {ADD} BERLIN CLASSICS*BC 2134-2
 発売:93年/録音:1959年/収録時間:34分
△ドキュメンツ・シリーズ △ディスク=MADE IN GERMANY BY OPTIMAL

◇ディスク:A-/外縁にスリキズあり(強め含む) ◇ブック:A-/軽シワ少しあり 白地部分に変色あり ◇ケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に変色あり

☆1959. 4 ライプツィヒ・ベタニア教会における録音。プロデューサー:ヴォーム、エンジニア:シェーンベルク。−1959年というとニコラーエワ35歳。モスクワ音楽院で指導開始した年ですが、東ドイツ楽旅の折の録音でしょうか。ニコラーエワは1950年、バッハ没後200周年記念のライプツィヒ・バッハ国際コンクールにて優勝したことがきっかけで世界的な活躍をするようになりましたので、ライプツィヒは思い出の地だったことでしょう。1966年の同地でのライヴ録音も残されていますので、少なからず訪れたようです。−一方マズアは32歳。ゲヴァントハウス管のカペルマイスターとなるのは1970年 (〜1996年) ですからかなり前の共演です。−ニコラーエワの男勝りの剛直でスケール大きなピアノと、マズアの熱のこもった指揮、素晴らしい演奏です。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆