【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 協奏曲 > ピアノ協奏曲/その他I > グリーグ,シューマン:ピアノ協奏曲 シャーマン(p)シルヴァースタイン (VDC1055)

グリーグ,シューマン:ピアノ協奏曲 シャーマン(p)シルヴァースタイン (VDC1055)

グリーグ,シューマン:ピアノ協奏曲 シャーマン(p)シルヴァースタイン (VDC1055)

商品番号:VDC1055

通常価格:1,900円(内税)
会員価格:1,800円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●[1] グリーグ:ピアノ協奏曲 Op.16
[2] シューマン:ピアノ協奏曲 Op.54

■ラッセル・シャーマン(p) ジョゼフ・シルヴァースタイン指揮 ユタso

CD//国内盤 {DDD} V−プロ・アルテ*VDC-1055
 発売:86年/定価:3200円/録音:1985年/収録時間:65分

◇ディスク:B+〜B/スリキズ部分的にあり(小さめ・強め含む*動作確認済) ◇ブック:B/シワあり(強いシワ含む) ◇ケース:B+

☆1985. 3 ユタ・ソルトレイク シティ・シンフォニー ホールにおける録音。プロデュ−サー:トーマス・フロスト、エンジニア:ブルース・リーク。−シャーマンはニュー ヨーク生まれのユダヤ系ポーランド人 (アメリカに帰化) (1930〜)。14歳でデビューし、20歳の時 バーンスタイン&NYPとブラームスのピアノ協奏曲第1番を弾くなどして 注目をされたにもかかわらず、その後 長く演奏活動をおこなわなかったとのことです。しかし1975年 NYとボストンでリスト:超絶技巧練習曲集を弾き、再デビュー。「グールド以来の独創性」などと評されるセンセーションを起こし、再び注目されることとなりました。その後 指導者としても才能を発揮、かのマルク-アンドレ・アムランも彼に学んだとのことです。−当アルバムは再デビューから10年後の録音ということになりますが、なんとも個性的な演奏。1音1音をしっかり弾いて際立たせ、メロディの美しさではないところで聞かせます。ブックレット・ライナーのタイトルは「洗練された都会的な詩情」。あまりピンとこないなと思っていましたが、読んでみると「グールドが弾いたバッハのような、あの一音一音が比類なくくっきりとした透明なタッチ」などと書かれていることに大いに納得しました (執筆者は宇野功芳氏でした)。 −PRO ARTEには ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21, 23番、同 :ピアノ協奏曲全集などを残しているようです。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆