【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 室内楽・器楽曲 > 管楽器、その他の楽器 > プーランク室内楽曲全集 ル・サージュ,デュフール,ルルー,メイエ 他 (2CD)

プーランク室内楽曲全集 ル・サージュ,デュフール,ルルー,メイエ 他 (2CD)

プーランク室内楽曲全集 ル・サージュ,デュフール,ルルー,メイエ 他 (2CD)

商品番号:74321632122

通常価格:1,700円(内税)
会員価格:1,610円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

 <プーランク室内楽全集>
●[1] フルートとピアノのためのソナタ FP.164
[2] ヴァイオリンとピアノのためのソナタ FP.119
[3] オーボエとピアノのためのソナタ FP.185
[4] ホルン, トランペットとトロンボーンのためのソナタ FP.33
[5] クラリネットとファゴットのためのソナタ FP.32
[6] ピアノと管楽器のための六重奏曲 FP.100 (fl, ob, cl, hrn, fg, p) §
[7] チェロとピアノのためのソナタ FP.143
[8] クラリネットとピアノのためのソナタ FP.184
[9] 2つのクラリネットのためのソナタ FP.7
[10] ホルンとピアノのためのエレジー FP.168
[11] ピアノ, オーボエとファゴットのための三重奏曲 FP.43
[12]「城館への招待」(劇音楽) (cl, vn, p三重奏曲) FP.138

■[1〜3,6〜8,10〜12]エリック・ル サージュ(p) [1]マテュー・デュフール(fl) [2,12]コーリャ・ブラッハー(vn) [3,6,11]フランソワ・ルルー(ob) [4,6,10]アブ・コスター(hrn) [4]フレデリック・メラルディ(tp) ニコラ・ヴァラード(tb) [5,6,8,9,12]ポール・メイエ(cl) [5,6,11]ジルベール・オダン(fg) [6]エマニュエル・パユ(fl) [7]フランソワ・サルク(vc) [9]ミシェル・ポルタル(cl)

CD//国内盤 {DDD} RCA (BMG)*74321 632122 (2枚組)
 発売:98年/録音:1998年/収録時間:75+76分
△ディスク=MADE IN THE EU

◇ディスク:1)B+/スリキズ部分的にあり(強め含む*動作確認済), 2)A-〜B+/小スリキズ少しあり ◇ブック:A-/裏表紙に小キズ少しあり ◇ケース:B+

☆[1-3,6-8,10-12]1998. 8 メッツ・サル ド アルスナル, [4,5,9]1998. 6 パリ・リュテリエンヌ ド ボン スクール教会における録音。プロデューサー, エンジニア:ジャン-マルク・レーネ。−プーランク生誕100年記念で録音されたもの。プーランクの魅力的な室内楽曲をすべて集めたもの。ピアノのル サジュをはじめ フランスの若手を中心とした見事な演奏ばかり。私の愛聴盤です。デュフールによる[1]から そのニュアンス豊かな演奏に釘付け。彼は録音当時はパリ・オペラ座の主席だったようですが、のちにバレンボイムの強い誘いによってシカゴ響へ移ったとのこと (現在もそうでしょうか?)。さもありなん です。次の 当時ベルリン・フィルのコンマスであったブラッハーによる[2]もさることながら、バイエルン放送響を経て 現在はヨーロッパ室内管のトップをつとめるルルーの[3]の美しく表情豊かな演奏がさすが。次のコスター、メラルディ、ヴァラードによる[4]も美しい響きとアンサンブル、軽妙かつ豊かな表情と見事の一言。5曲で参加しているメイエの表現の幅も素晴らしい。特に[8]は曲が素晴らしい! …などと1曲1曲書いているとキリがありませんが、多くの曲に参加しているル サジュの見事なピアノに触れないわけにはいきません。センシティヴな美しい音が印象的で プーランクの洗練、あるいはメランコリーを充分に表現しています。プーランクのもう一方の重要な側面であるシニカルな諧謔性は強調されることがないものの、大変音楽的で またここ一番では雄弁。単なる伴奏には留まっていません。自身優れたピアニストであったプーランクですから、ピアニストが優れていることは演奏成功の必須でありましょう。−一番大きな編成である[6]はもっとアイロニーや雑然さを表現してほしいというが思いが残りますが、現代ではないものねだりというものでしょう。アルバム全体としてこれ以上のものを作ることは簡単なことではないに違いありません。
−珍しい[12]は舞台作品のために書いたもの (1947年)。オペラ座付属バレエ団のダンサー・イザベルが、お金持ちのマダム・デメルモルトの城での舞踏会に招かれるというお話。上流階級の虚栄心を皮肉った劇で人気があったとのことです。プーランクはクラリネット、ヴァイオリン、ピアノという小編成のための短い曲を23曲付けました。ここでは20曲が演奏。華やかなワルツ、行進曲、タンゴ、ポルカなどなど。流行歌を思わせる、気の利いたメロディばかり。とはいえ 単なる流行曲の作曲家とは一味違った、一流芸術家らしい意匠が凝らされています。演奏はもう見事の一言。流行りの舞台作品の伴奏曲が、高級感を得ています。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆