【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 交響曲 > ベートーヴェン > ベートーヴェン:交響曲第9番 ベーム=バイロイト /LIVE (PAL1)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ベーム=バイロイト /LIVE (PAL1)

ベートーヴェン:交響曲第9番 ベーム=バイロイト /LIVE (PAL1)

商品番号:PAL1

通常価格:2,200円(内税)
会員価格:2,090円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●ベートーヴェン:
交響曲第9番 Op.125 (コラール)

■カール・ベーム指揮 バイロイト音楽祭o 同cho グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S) グレース・バンブリー(MS) ジェス・トーマス(T) ジョージ・ロンドン(Bs)

CD//国内盤 {MONO/ADD} Cr−パレット*PAL-1
 発売:87年/定価:2800円/録音:1963年LIVE/収録時間:73分
△歌詞カード付き △メロドラム原盤

◇ディスク:B+/スリキズ部分的にあり(小さめ・強め含む*動作確認済) ◇ブック:B+/シワ少しあり(強いシワ含む) 内部白地に変色あり ◇ケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり 背表紙の黄色地に色あせあり(片方)

☆1963. 7. 23 バイロイトにおけるライヴ録音。当アルバムが国内初出でした。ブックレットとは別に歌詞カードが添付されています。−バイロイト音楽祭劇場はワーグナーの作品のみを上演する目的で建設されましたが、ベートーヴェンの「第九」は開幕記念コンサートでワーグナー自身が指揮したこともあり、特別な作品とみなされ、時折演奏されます。戦後再開された1951年にはフルトヴェングラーが指揮。フルトヴェングラーは1954年にも演奏。そしてワーグナーの生誕150年、没後80年記念の年である1963年、その前年からバイロイト音楽祭に登場した68歳のベームが指揮しました。いわゆる「歓喜の歌」のメロディによる開演ファンファーレで始まり、ベーム登場の拍手、そして演奏が始まります。やや武骨ながら男性的で剛直、ライヴならではのエネルギーと白熱。壮年期のライヴのベームの魅力が味わえるといっていいでしょう。また26歳になる前の新進だったヤノヴィッツが若々しい張りのある声を、他の歌手の声をものともせず、輝かしく響かせているのも印象的。トーマスのロブストなテノールも聞きものです。−モノーラルながら音質はなかなか鮮明です。−ベームは当曲の正規録音は4回。1941年 Skドレスデン (EMI)、1957年 ウィーンso (PHILIPS)、1970年 ウィーンpo (DG)、1980年 ウィーンpo (DG)。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆