ザラ・ネルソヴァ(vc)DECCAレコーディングス 1950〜56年 (5CD)

メイン画像:ザラ・ネルソヴァ(vc)DECCAレコーディングス 1950〜56年 (5CD)ジャケット写真

商品番号:4756327

  • 通常価格:4,000円(内税)
  • 会員価格:3,800円(内税)【5%OFF】

●[1] ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第1番 Op.5-1
[2] 同 : 同 第2番 Op.5-2
[3] 同 : 同 第3番 Op.69
[4] 同 :「魔笛」の主題による12の変奏曲 作品66 §

[5] 同 :チェロ・ソナタ第4番 Op.102-1
[6] 同 : 同 第5番 Op.102-2
[7] 同 :「ユダス マカベウス」の主題による12の変奏曲 WoO.45
[8] バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番 BWV.1009 より ブーレー&
[9] コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ Op.8 §

[10] ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 Op.104
[11] ラフマニノフ:チェロ・ソナタ Op.19 §

[12] ラロ:チェロ協奏曲
[13] サン-サーンス:チェロ協奏曲第1番 Op.33
[14] バーバー:チェロ協奏曲 Op.22 §

[15] レーガー:無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 Op.131C
[16] ブロッホ:3つのスケッチ「ユダヤ人の生活より」
[17] 同 :「荒野の叫び声」
[18] 同 :「シェロモ」(ヘブライ狂詩曲)

■ザラ・ネルソヴァ(vc) [1-7,11,16]アルトゥール・バルサム(p)
[10]ヨーゼフ・クリップス指揮 ロンドンso [12,13]エードリアン・ボールト, [17,18]エルネスト・アンセルメ指揮 [12,13,17,18]ロンドンpo  [14]サミュエル・バーバー指揮 ロンドン新so

CD//海外盤 {MONO/ADD} DECCA*475 6327 (5枚組)
 発売:04年/録音:1950〜56年/収録時間:81+78+76+75+75分
△オリジナル マスターズ・シリーズ
△ディスク中心部の刻印=MADE IN GERMANY BY UNIVERSAL M&L

◇ディスク:1)A-〜B+/スリキズ少しあり(強め含む),2)B+/スリキズ少しあり(強め含む),3)B/スリキズ部分的にあり(強め含む),4)B+〜B/スリキズ部分的にあり,5)B+/スリキズ部分的にあり(小さめ・強め含む)*5枚)強め部分の動作確認済 ◇ブック:A-〜B+/小シワ(小キズ)少しあり ◇ケース:B+

☆[16]1950. 11, [14]1950. 12, [10]1951. 12, [12,13]1953. 11, [17,18]1955. 3, [8,9]1955. 4, [1-7,11]1956. 5; [1-9,11]ウェスト ハンプステッド・デッカ スタジオ, [10,12-18]キングズウェイ ホールにおける録音。プロデューサー:[1-7]ジャイムズ・ウォーカー, [12,13]ジョン・カルショウ, [17,18]ヴィクター・オロフ、エンジニア:[12,13]ケネス・ウィルキンソン。
−ネルソヴァはカナダ出身のチェロ奏者 (1918〜2002)。両親はロシア移民。小さい頃から天才少女ぶりを発揮。1928年に一家でイギリスに移住し、vnとpの姉妹でカナディアン・トリオを結成、1939年まで活動しました。1930年にはラロのチェロ協奏曲を弾いて独奏者としてもデビューを飾っています。1939年にカナダに戻り、トロント響の首席をつとめましたが、別メンバーによる二回目のカナディアン・トリオを結成して室内楽でも活躍。1942年にはニュー ヨークでの演奏会でアメリカ・デビューを果たし、カザルス、フォイアマンやピアティゴルスキー等 名手の薫陶を受けました。1953年にはアメリカ市民権を取得。北米を中心に広く演奏活動をおこないました。1963年から没年までジュリアード音楽院で教鞭をとったとのことです。
−当アルバムは30代、DECCAへのモノーラル録音を集めたもの。[10]以外はインターナショナルで発売されるのは初めてとのことです。−全部は聞いていませんが、スゴイ演奏です! 男勝りに重厚、弱音から強音の幅の大きさ、スケール大きく、気迫に溢れています。ベートーヴェンではバルサムもつられてなのか 燃えています。聞いた中で最も驚いたのは[9]のコダーイ。冒頭の鬼気迫った迫力に圧倒されない聞き手はいないことでしょう。テクニックも鮮やかで、切れ味抜群、緊張感ある演奏にこの曲の真価を聞くような気がしました。デュ プレ以前にこのようなスゴイ女流チェリストがいたとは…。しかしほとんどがインターナショナルでは発売されていなかったというのはなぜなんでしょう。日本でも近年まで知る人ぞ知る存在であったのはそのためでしょうが、なんとももったいない話です。−[12,13]ではそれほどの個性を発揮しているわけではありませんが、代わりにボールトが異常なテンションであるのが面白いところです。−なお部分的に音質があかりよくない部分があります。

商品番号:4756327

  • 通常価格:4,000円(内税)
  • 会員価格:3,800円(内税)【5%OFF】