【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 協奏曲 > モーツァルト-I/ピアノ協奏曲 > モーツァルト:ピアノ協奏曲第10〜12番 ゼルキン(親子)(SRCR8464)

モーツァルト:ピアノ協奏曲第10〜12番 ゼルキン(親子)(SRCR8464)

モーツァルト:ピアノ協奏曲第10〜12番 ゼルキン(親子)(SRCR8464)

商品番号:SRCR8464

通常価格:1,300円(内税)
会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●モーツァルト:
[1] ピアノ協奏曲第10番 変ホ長調 K.365 (2台のピアノのための)
[2] 同 第11番ヘ長調 K.413
[3] 同 第12番イ長調 K.414

■ルドルフ・ゼルキン, [1]ピーター・ゼルキン(p) [1-3]アレクサンダー・シュナイダー指揮 マールボロ音楽祭o

CD//国内盤 {ADD} So−ソニー*SRCR 8464
 発売:91年/定価:2300円/録音:[2]1957, [1,3]62年/収録時間:74分
△不滅の名盤 シリーズ

◇ディスク:A-〜B+/スリキズ少しあり(小さめ・強め含む*動作確認済) ◇ブック:B+/小シワ部分的にあり 白地部分に軽い変色あり ◇ケース:B+/白色トレイに軽い変色あり ◇オビ:プラケース裏面下で接着

☆[1,3]1962. 10, [2]1957. 8 以上バーモント州 マールボロにおける録音。プロデューサー:トーマス・フロスト。−ゼルキンはモノーラル時代からCBSに シュナイダーらと多くのモーツァルト:ピアノ協奏曲を録音していました。ステレオでは8曲録音しており、1987年 4枚組 (00DC997) で国内初CD化されていましたが、これはその後 単売されたものということになります。−ゼルキンのピアノは現在のピアニストのように繊細ではなく、かなり素朴ではあるものの、モーツァルトへの真摯な態度、純真さみたいなものが感じられ、田舎の手作りの工芸品のような味わい。盟友シュナイダー指揮する濃厚なオケとともに、人間味ある温かさを感じるモーツァルトです。[1]は息子ピーターの初録音として知られるもの。まだ15歳でした。−ルドルフ・ゼルキンは[1]をモノ時代にも録音しており (CBS)、1981年 アッバード&LSOでも再録音 (DG)。しかも第1弾として第20番と組み合わせて録音しているところを見ると、ひょっとするとゼルキンは大好きなのかもしれません。私も中期のピアノ協奏曲では第13番の次に好きです。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆