【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 協奏曲 > ヴァイオリン協奏曲/その他I > メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 他 スターン,小澤=BSO (MK37204)

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 他 スターン,小澤=BSO (MK37204)

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 他 スターン,小澤=BSO (MK37204)

商品番号:MK37204

通常価格:1,500円(内税)
会員価格:1,420円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●[1] メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 Op.64
[2] ベートーヴェン:ロマンス第1番 Op.40,同 第2番 Op.50

■アイザック・スターン(vn) 小澤征爾 指揮 ボストンso

CD//海外盤 {DDD} CBS*MK 37204
 発売:--年/録音:1980年/収録時間:46分
△四ツ折ブックレット △ディスク=MADE IN USA
△マトリックス番号=DIDC050020

◇ディスク:A-/外縁にスリキズ少しあり ◇ブック:B+/強いツメ咬み痕あり ジャケ面に強いシワ少しあり ◇ケース:B+

☆1980. 9 ボストン・シンフォニー ホールにおける録音。プロデューサー:スティーヴン・エプスタイン、エンジニア:バド・グレアム。−[1]はスターン4回中最後の録音。[2]は2回中1回目。スターンのメンデルスゾーンといえば、オーマンディとの2回目の録音 (58年) が充実した演奏として昔から定盤でしたが、この60歳時の演奏はまた別のスタイルで素晴らしい! 脂が抜け切った感じで、落ち着いたおとなの演奏なのです。あの冒頭のメロディも艶っぽくいかない。どこか寂しいのです。もちろん衰えもあるでしょうが、しかし枯れているわけではなく味があります。技巧のひけらかしをまったく感じさせないカデンツァのあとの再現部第2主題も弱めで、噛み締めるように。コーダ最後はアッチェレランドしてオッと思わせるのですが、第2楽章はやはりしみじみとした味わい。感じ入っているのが分かる。語るようでもあり、微妙な表情がよく分かるのです。第3楽章も慌てず騒がず おとなの余裕。[2]も同様のスタイルの素晴らしい演奏です。曲想からしてより幅広い支持を受けられるかもしれません。−CBS初期盤の特徴である四ツ折りブックレットです。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆