【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > 声楽曲,オムニバス・その他 > イタリア > タリアヴィーニ(T)リサイタル・イン・ジャパン 1955,65年 (K32Y186)

タリアヴィーニ(T)リサイタル・イン・ジャパン 1955,65年 (K32Y186)

タリアヴィーニ(T)リサイタル・イン・ジャパン 1955,65年 (K32Y186)

商品番号:K32Y186

通常価格:3,800円(内税)
会員価格:3,610円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

 <タリアヴィーニ・リサイタル・イン・ジャパン>
●[1] プッチーニ:「トスカ」より「星も光りぬ」(カヴァラドッシ)
[2] トスティ:理想, [3] ダンニバーレ:太陽の土地
[4] ヴェルディ:「トロヴァトーレ」より「われらの山へ」(マンリーコ, アズチェーナ)
[5] ボーイト:「メフィストーフェレ」より「はるかにはるかに」(マルゲリータ, ファウスト)
[6] サデーロ:アムーリ アムーリ, [7] オブラドルス:なんときれいな髪の毛
[8] ソリアーノ:エル ギタリコ, [9] イタリア民謡:ジロメッタ
[10] マスネ:「ル シッド」より「おお 全能の神よ我を裁きたもう」(ロドリーゴ)
[11] 同 :「ウェルテル」より「さようならお別れです」(カルロッタ, ウェルテル)
[12] プッチーニ:「蝶々夫人」より「愛の家よ さようなら」(ピンカートン)

■フェルッチョ・タリアヴィーニ(T) [4,5,11]ピア・タッシナーリ(S) [1-5]ニクラウス・エッシュバッハー指揮 NHKso [6-12]三浦洋一(p)

CD//国内盤 {MONO/ADD} K−セブンシーズ*K32Y 186
 発売:86年/定価:3200円/録音:[1-5]1955, [6-12]65年 全LIVE/収録時間:45分
△オビは着脱可能のステッカー・タイプ △歌詞対訳掲載 △NHK原盤

◇ディスク:A-〜B+/小スリキズ少しあり 内縁にスリキズ(薄汚れ)あり 外縁に強いスリキズ少しあり ◇ブック:B+〜B/強めの小シワ部分的にあり 白地部分に軽い変色あり ◇ケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり ◇ステッカーオビ:ハゲ少しあり

☆[1-5]1955. 9. 28 旧NHKホール, [6-12]1965. 7. 31 (場所不明) ともに放送用録音 (おそらく観客なし)。タッシナーリはタリアヴィーニの夫人。[1-5]はタリアヴィーニ2回目の来日時の「タリアヴィーニ、タッシナーリ特別演奏会」から。[6-12]は4回目、自身のオペラ団を組織して来日した際のコンサートより。端正な甘さ、ソット・ヴォーチェを駆使した粋な歌い回し、力強く伸びる高音。40〜50歳頃の円熟期のタリアヴィーニのワン・アンド・オンリーたる芸を堪能することができます。タッシナーリもなかなか立派な歌。[4]では本来レパートリーではないメッツォの歌のためか ミスあり。マンリーコはタリアヴィーニのレパートリーでもなかったでしょうに、なぜわざわざこの二重唱を取り上げたのか疑問です。−1986年、LPと同時であった初発売盤。この後 1991年に1度 再発されました。

−それにしてもそれにしても剛直で輝かしいデル モナコがいて、その対極的ともいえるような個性的なリリコのタリアヴィーニがいた時代、どう考えてもイタリア・オペラのひとつのピークでした。そうした時代に彼らが来日し、それが録音として残されて、しっかりと保存されていたことの喜びたるや。日本は敗戦してまだ10〜20年ですよ。モノーラル録音にステレオ効果が加えられているとのことですが、音質良好であるのも素晴らしい。−音質についての「おことわり」で、20年以上前の放送用モノラル録音で… と書かれているのに驚き。1965年は私が生まれた年。もう50年以上前です。

 

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆