【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)

HOME > オペラ > J.シュトラウスII世 他 オペレッタ、ミュージカル > JシュトラウスII:ウィーン気質 アッカーマン; シュヴァルツコップ (CDH769529)

JシュトラウスII:ウィーン気質 アッカーマン; シュヴァルツコップ (CDH769529)

JシュトラウスII:ウィーン気質 アッカーマン; シュヴァルツコップ (CDH769529)

商品番号:CDH769529

通常価格:1,100円(内税)
会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える

●J.シュトラウスII:
「ウィーン気質 (かたぎ)」全曲

■エリーザベト・シュヴァルツコップ(S:ガブリエレ) ニコライ・ゲッダ(T:ツェドラウ伯爵) エーリヒ・クンツ(Br:ヨーゼフ) エミー・ローゼ(S:ペピ) エリカ・ケート(S:フランチスカ) カール・デンヒ(Br:ギンデルバッハ侯爵) 他
 オットー・アッカーマン指揮 フィルハーモニアo 同cho

CD//海外盤 {MONO/ADD} EMI*CDH 7 69529 2
 発売:88年/録音:1954年/収録時間:70分
△あらすじ付き (歌詞対訳なし) △ディスク=MADE IN W.GERMANY

◇ディスク:A ◇ブック:A-/小シワ少しあり 白地部分に軽い変色あり ◇ケース:B+

☆1954. 5 ロンドン・キングズウェイ ホールにおける録音。プロデューサー:ウォルター・レッグ、エンジニア:ダグラス・ラーター。−シュトラウスII世最後のオペレッタで、同名のワルツをはじめ、自作のワルツやポルカを使っているのが特徴。人生の総決算的作品という意味合いがあったのでしょうか。ただしシュトラウスは1899年 74歳で死去、完成させることができず、友人であった指揮者アドルフ・ミュラーが完成させました。−物語は19世紀初頭ウィーン会議を背景として、プロイセン人とオーストリア人の気質の差異とその融和を描いたもの。長らくドイツ人の主流でありながら 統一ドイツから除外されてしまった斜陽帝国のノスタルジーを反映しているとのことです。使用された曲は、例えばガブレエレ登場の歌には「南国のバラ」。その他 ワルツ「ウィーン気質」 「レモンの花咲くところ」 「朝の新聞」 「酒・女・歌」 「我が家で」、ポルカ「浮気心」 「電光石火」 「百発百中」などなど。 −シュヴァルツコップをはじめとした当時 最高のドイツ系オペラ歌手を揃えた歌はまさしく夢のよう。とはいえ オペラのように、劇場と同じように声を張り上げるのではなく、ソットヴォーチェを活かしたインティメートな歌。こじんまりとしたモノーラル録音もあいまって、いわばラジオドラマのような雰囲気です。オペレッタのレコード録音ということで (しかもモノーラル)、このような表現がとられたのでしょう。ステレオ録音によるマタチッチの「メリーウィドウ」とはコンセプトが違っているわけです。アッカーマンの軽妙な指揮もそうした表現にふさわしいもので、しっかりとサポートしています。

・[かごに入れる]のボタンがないものは売れてしまった商品です

・This is sold only in Japan.

商品データの見方はこちら

ディスク各部の名称等について

・初めてご利用の方へ = ご購入前、事前に「マイアカウント」で会員登録していただきますと会員価格でご購入いただけます☆