リスト:ピアノ・ソナタ,伝説,悲しみのゴンドラ ブレンデル (410040)

メイン画像:リスト:ピアノ・ソナタ,伝説,悲しみのゴンドラ ブレンデル (410040)ジャケット写真

商品番号:410040

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

●リスト:
[1] ピアノ・ソナタ ロ短調
[2]「伝説」〔1/小鳥に語るアッシジの聖フランシス, 2/波を渡るパオラの聖フランシス〕
[3] 悲しみのゴンドラ第1番, 同 第2番

■アルフレート・ブレンデル(p)

CD//海外盤 {DDD} PHILIPS*410 040-2
 発売:82年/録音:1981年/収録時間:62分
△ディスク中心部の刻印=MADE IN W.GERMANY BY PDO,410 040-2 02

◇ディスク:B+/スリキズ部分的にあり 内縁にスリキズあり(強め含む)/レーベル面中心部にスリキズあり(強め含む) ◇ブック:B+/ジャケ面にキズ少しあり・スレ線あり 白地部分に軽い変色あり ◇ケース:B+〜B ◇バック・インレイ白色部分に軽い変色あり

☆1981. 6 ロンドンにおける録音。−ブレンデルは[1]を3回録音しており、これは2回目のもの。ブレンデルは若い頃 リストを盛んに録音していましたが、かといって ハンガリー狂詩曲をバリバリ弾くというようなイメージはない。ブレンデルはリストの思索的な曲、深みある曲、あるいは宗教的な曲を愛していると言っていいでしょう。このアルバムでもソナタに組み合わされたのはそうした作品というのも いかにもブレンデルらしく、最後 [3]第2番の完結しないような終わり方を選んでいます。−[1]は知的なコントロールと美しいピアニズムによって非常にバランスがよく プロポーションのよい演奏。劇的なダイナミズムやロマン性を強調した演奏とは正反対、明快で見通しよく、感情的な興奮によって見過ごされてきた魅力が浮き上がってくるのです。かといって不感症の演奏では決してありません。アンダンテ ソステヌートの部分でのアゴーギクを駆使した透明感ある抒情は最大の聞きものでしょう。この曲の暑苦しさが苦手な方にはぜひオススメしたい おとなの演奏です。[2,3]でも極端な表現方法をとらず、知的なアプローチ。豊かな音楽にしぜんに語らせて、リストの深さを聞かせてくれるのです。−レコード・アカデミー賞を受賞するなど評判となった録音ですが、1991年に再録音がおこなわれたためか、当録音の国内盤での発売は1994年以降ないようです (20年2月現在)。

商品番号:410040

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】