JシュトラウスII:こうもり アーノンクール=KCO (外TELDEC・2CD)

メイン画像:JシュトラウスII:こうもり アーノンクール=KCO (外TELDEC・2CD)ジャケット写真

商品番号:0630-10024

  • 通常価格:1,400円(内税)
  • 会員価格:980円(内税)【30%OFF】

●J.シュトラウスII世:
「こうもり」全曲

■ヴェルナー・ホルヴェーク(T:アイゼンシュタイン) エディタ・グルベローヴァ(S:ロザリンデ) バーバラ・ボニー(S:アデーレ) ヨゼフ・プロチュカ(T:アルフレート) マルヤナ・リポヴシェク(MS:オルロフスキー) アントン・シャリンガー(Br:ファルケ) クリスティアン・ベッシュ(Bs:フランク) アンドレ・ヘラー(Na:フロッシュ) 他
 ニコラウス・アーノンクール指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウo オランダ・オペラcho

CD//海外盤 {ADD} TELDEC*0630-10024-2 (2枚組)
 発売:95年/録音:1987年/収録時間:56++49分
△解説書と対訳書が別々で、セット用プラケース内に収録されています
△ディスク=MADE IN GERMANY

◇ディスク:1)A-〜B+/小スリキズ一部あり(強め含む*動作確認済・外縁から),2)A-/小スリキズ少しあり ◇解説書:1)A〜A-/小シワ少しあり 内部白地に軽い変色あり 対訳書)A-/裏表紙にシワ・薄汚れ少しあり 内部白地に軽い変色あり ◇ケース:A-〜B+

☆1987. 6 におけるアムステルダム・コンセルトヘボウにおける録音。ディレクター:ヘルムート・A. ミューレ、エンジニア:マイケル・ブラマン。−1987年6月のオランダ音楽祭で話題を集めた公演の直後に録音されたもの。セリフ部分はカットし、ところどころにフロッシュの語りが入るという形をとっています。アーノンクールらしく、楽譜を吟味し、慣例的におこなわれてきた変更を正しているとのこと。序曲の細かい音の違い、あるいは第2幕冒頭の合唱で慣例的にカットされていた部分があることはよく知られるようになってきたと思いますが、他の曲でもところどころ聞きなれない音が出てくるのが面白い。第2幕、余興の部分では舞曲の数珠繋ぎ。「マリアンカおいで、わたしと踊りましょう」と書かれていますが、それは途中に合唱で現れます。まごうことなきシュトラウスI世のマリアンカ・ポルカのメロディ。次にロザリンデのオーケストラでチャルダーシュが現れ、余興を終えます。アーノーンクールの編曲でしょうか。−歌手はグルベローヴァとボニーをはじめとしてよく揃っていて、魅力的です。

商品番号:0630-10024

  • 通常価格:1,400円(内税)
  • 会員価格:980円(内税)【30%OFF】