ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 グールド,ストコフスキー (SRCR1934・紙ジャケ)

メイン画像:ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 グールド,ストコフスキー (SRCR1934・紙ジャケ)ジャケット写真

商品番号:SRCR1934

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】

●ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第5番 Op.73

■グレン・グールド(p) レオポルド・ストコフスキー指揮 アメリカso

CD//国内盤 {ADD} So−ソニー*SRCR 1934
 発売:97年/定価:1835円/録音:1966年/収録時間:43分
△グールド・オリジナル ジャケット コレクション・シリーズ
△紙ジャケット仕様 (四ツ折の解説書封入)

◇ディスク:A-/薄スリキズ少しあり
◇解説書:B+/シワ部分的にあり ◇紙ケース:A〜A-

☆1966. 3 NY マンハッタン センターにおける録音。プロデューサー:アンドルー・カズディン。
−まさに異色の共演。グールドはストコフスキーに深い敬意を抱いており、共演を熱望したとのことです。録音時 ストコフスキーからテンポを尋ねられたグールドは 「とても速くか とても遅くで」 と。ストコフスキーはオケに対して 「諸君 エロイカのテンポで」 と指示。とても遅いわけではありませんが、遅めのテンポによる演奏となったことは有名です。ところでストコフスキーへの打診の前にバーンスタインが指揮を拒否したとも聞いたことがありますが 本当でしょうか。しかしこの感情的な起伏を乗せることを拒否し、冷静で純粋な態度で抒情を紡ぎだそうとする演奏を聞くと、確かにバーンスタインと水と油と言う気がします。しかし時々聞こえるグールドの鼻歌が「熱さ」を演出しているようであるのが面白い。「冷静な目」と言うのは違うのかもしれません。

商品番号:SRCR1934

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】