ベートーヴェン:三重協奏曲,ブラームス:二重協奏曲 オイストラフ,ロストロポーヴィチ 他 (外EMI)未開封

メイン画像:ベートーヴェン:三重協奏曲,ブラームス:二重協奏曲 オイストラフ,ロストロポーヴィチ 他 (外EMI)未開封ジャケット写真

商品番号:566954

  • 通常価格:700円(内税)

曲目・演奏者

●[1]ベートーヴェン:ピアノ, ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲 Op.56
[2] ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 Op.102

■ダヴィド・オイストラフ(vn) ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(vc) [1]スヴャトスラフ・リヒテル(p) [1]ヘルベルト・フォン カラヤン指揮 ベルリンpo [2]ジョージ・セル指揮,クリーヴランドo

ディスク・データ

CD//海外盤 {ADD} EMI*5 66954 2
 発売:98年/録音:1969年/収録時間:70分
△GRCシリーズ △artリマスター

コンディション

◆未開封品

録音データ・その他

☆[1]1969. 9 ベルリン・イェス・キリスト教会, [2]1969. 5 クリーヴランド・セヴェランス ホールにおける録音。
−ふたつとも旧ソ連のスケール大きなソリストと “西側” の名指揮者&名オケが顔を合わせた夢のような演奏。ところが面白いことに [1]についてリヒテルはドキュメンタリー・フィルムで、悪夢の録音、そのジャケット写真 (当アルバムでも使われているもの) を「おぞましい」と語っています。リヒテルとオイストラフはカラヤンの演奏スタイル、特に第2楽章の遅いテンポに納得がいっていなかったようです。旧ソ連の演奏家には資本主義の醜さのように感じたのでしょうか。

商品番号:566954

  • 通常価格:700円(内税)