ドヴォルザーク:交響曲第9番 他 アーノンクール=KCO /LIVE (外TELDEC)

メイン画像:ドヴォルザーク:交響曲第9番 他 アーノンクール=KCO /LIVE (外TELDEC)ジャケット写真

商品番号:3984-25254

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ドヴォルザーク:
[1] 交響曲第9番 Op.95「新世界より」
[2]「水の精」Op.107

■ニコラウス・アーノンクール指揮 王立コンセルトヘボウo

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} TELDEC*3984-25254-2
 発売:00年/録音:1999年 [1]のみLIVE/収録時間:64分
△ディスク=MADE IN GERMANY

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ部分的にあり
◇ブックレット:A〜A-/ 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆1999.10 アムステルダム・コンセルトヘボウにおける録音。[1]のみライヴ。プロデューサー:フリーデマン・エンゲルブレヒト、エンジニア:ミヒャエル・ブラマン, トビアス・レーマン。
−アーノンクール&王立コンセルトヘボウ管によるドヴォルザーク3大交響曲集の完結編でした。−アーノンクールならではのクリア&ワイルドのサウンド。ライヴながら音のバランスに細心の注意が払われており、内声や低音部の動きが鮮やか。トランペットが英雄的に鳴らないようするということも。またヴィヴラートを抑えており、透明感あり。音を短めに切り上げるフレージングもあって過度な余情は排され、力強く鳴るも粘っこくなりません。とはいえテンポはわりと融通が利き、遅い部分では遅いテンポをとって情感を大事にしています。一方フォルテではピリオド風のワイルドな響きも駆使。引き締まったサウンドによる迫力があります。アーノンクールらしい妙味に満ちた、知的好奇心をくすぐる演奏です。−なお[2]の「水の精」は「WATER GOBLIN」。美しい妖精ではなく妖怪で、プロットはホラーです。
−プラケース・ジャケット面には “Dvorak” (アクセント記号省略) と刻まれており、凝っています。

商品番号:3984-25254

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】