ベルリオーズ:ロメオとジュリエットより 他 ミュンシュ=OSCC (外DECCA)

メイン画像:ベルリオーズ:ロメオとジュリエットより 他 ミュンシュ=OSCC (外DECCA)ジャケット写真

商品番号:433405

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ベルリオーズ:
[1]「ベンヴェヌート・チェッリーニ」序曲
[2]「海賊」序曲
[3]「ロメオとジュリエット」より 第2〜4部〔1/ 第2部: ロメオただひとり 〜 キャピュレット家の饗宴,2/ 第4部: 愛の妖精の女王マブ,3/ 第3部: 愛の場面〕
[4]「トロイ人」より「王の狩りと嵐」

■シャルル・ミュンシュ指揮 パリ音楽院o

ディスク・データ

CD//海外盤 {MONO/ADD} DECCA*433 405-2
 発売:92年/録音:[1]1946, [2]48, [3,4]49年/収録時間:64分
△ヒストリック・シリーズ △ディスク=MADE IN FRANCE BY PRS

コンディション

◇ディスク:A〜A-/ 外縁に小スリキズ少しあり
◇ブックレット:A〜A-/ 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:A-〜B+ ◇バック・インレイにシワ少しあり(強め含む) 白地部分に変色あり

録音データ・その他

☆[1]1946. 10 ロンドン・ウォルサムストウ アッセンブリー ホール, [2]1948. 5, [3,4]1949. 5, 6 以上パリ・ラ メゾン デ ラ ミュテュアリテにおける録音。プロデューサー:ヴィクター・オロフ、エンジニア:ケネス・ウィルキンソン (以上[2-4]のみ?)。
−ミュンシュとパリ音楽院管の興味深いコンビによる録音。特に音のよい[2]が傑作。冒頭は快速テンポをとり、ヴァイオリン部の超絶技巧披露のよう。明るく軽く色彩的なパリ音楽院の特質と、ミュンシュのアクセントが強く、ヴァイタリティに溢れた指揮が見事にマッチした名演奏です。−[3,4]は小さながらサーフェイスノイズがあります。[1,2]にもわずかにあり。
−[3]の曲順は「ロメオただひとり 〜 キャピュレット家の饗宴」のあと、「愛の場面」 「愛の妖精の女王マブ」と記載されていますが、実際は逆に演奏されています。
−ミュンシュは[3]の全曲を ボストン響と2回 (1953年, 61年) RCAに録音しています。

商品番号:433405

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】