▽ヴェルディ:アッティラ ムーティ=スカラ; レイミー 他 (外EMI・2CD)

メイン画像:▽ヴェルディ:アッティラ ムーティ=スカラ; レイミー 他 (外EMI・2CD)ジャケット写真

商品番号:749952

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ヴェルディ:
「アッティラ」全曲

■サミュエル・レイミー(Bs:アッティラ) シェリル・ステューダー(S:オダベッラ) ニール・シコフ(T:フォレスト) ジョルジョ・ザンカナロ(Br:エツィオ) 他
 リッカルド・ムーティ指揮 ミラノ・スカラ座o 同cho

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} EMI*7 49952 2 (2枚組)
 発売:89年/録音:1989年/収録時間:70+40分
△紙箱付き(厚さ3.2センチ) △大判ブックレット付き(105ページ) △伊語詞・独英仏訳掲載
△ディスク=MADE IN THE EU

コンディション

◇ディスク:1)B+〜B/ スリキズ少しあり(強め含む*動作確認済),2)A-〜B+/ 小スリキズ少しあり 外縁にスリキズ少しあり
◇ブックレット:A-/ 表紙の端に小ハゲ少しあり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイに軽い汚れ少しあり
◇紙箱:B+/ 線キズ部分的にあり

録音データ・その他

☆1989. 6, 7 ミラノ・アバネッラにおける録音。プロデューサー:デイヴィッド・グローヴズ、エンジニア:マイケル・シェディ。
−ヴェルディのオペラ第9作 (「マクベス」のひとつ前)。プロローグと3幕からなります。世界制覇を目論むフン族の王アッティラがイタリアの町アクレイアを陥落させた時の物語。領主の娘でありながら 剣を取って戦ったオダベッラとその恋人フォレスト、ローマの将軍エツィオが、変節の誤解など 紆余曲折を経ながらアッティラ攻略を目指します。−プロローグ第1場フィナーレ、エツィオとアッティラの二重唱で「世界はお前に任せるが、イタリアはオレに任せてくれ」という歌詞はイタリア統一運動が盛んだった当時の民衆を鼓舞しました。−前奏曲では半音進行を含むヴァイオリンの嘆きのカンタービレが印象的ですが、そうした歌、そしてもちろんヴェルディらしい男性的な力強さも充分で、なかなか魅力的なオペラです。もちろん後年のような円熟の作曲技法ではありませんが、その萌芽が聞き取れ、ヴェルディ・ファンならばあちらこちらにいい音楽を見つけることが出来るでしょう。たとえばアッティラが恐怖におののく第1幕フィナーレは「トロヴァトーレ」「マクベス」「ナブッコ」「オテッロ」などを思い出させる面白い場面。さらにオダベッラがアッティラの命を救い 盛り上がる第2幕フィナーレも私は好きです。−ムーティ&スカラ、名歌手を揃えた演奏も見事の一言です。

商品番号:749952

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】