ベートーヴェン:交響曲第9番 フルトヴェングラー=PO /54年ルツェルンLIVE (KICC2290)

メイン画像:ベートーヴェン:交響曲第9番 フルトヴェングラー=PO /54年ルツェルンLIVE (KICC2290)ジャケット写真

商品番号:KICC2290

  • 通常価格:2,300円(内税)
  • 会員価格:1,840円(内税)【20%OFF】

曲目・演奏者

●ベートーヴェン:
交響曲第9番 Op.125 (コラール)

■ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 フィルハーモニアo ルツェルン芸術週間cho エリーザベト・シュヴァルツコップ(S) エルザ・カヴェルティ(A) エルンスト・ヘフリガー(T) オットー・エーデルマン(Br)

ディスク・データ

CD//国内盤 {MONO/ADD} K−セブンシーズ*KICC 2290
 発売:93年/定価:2500円/録音:1954年LIVE/収録時間:74分
△フルトヴェングラー入神ライブ・シリーズ △歌詞対訳掲載
△伊MY SOUND原盤

コンディション

◇ディスク:A
◇ブックレット:B+/ シワ部分的にあり(強め含む) 白地部分に軽い変色あり
◇ケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり

☆1954. 8. 22 ルツェルンにおけるライヴ録音。
−13種ほどあるとされるフルトヴェングラーの「第9」録音の最後のもの。死の3か月ほど前の演奏です。ホルンはデニス・ブレインとのこと。演奏はフルトヴェングラー晩年の荘重スタイルで、憑かれた興奮はありません。落ち着いた威容。何といっても第3楽章の遅いテンポでの優しく美しい演奏はこの楽章のひとつの理想の形を聞くようです。トランペットなどによる覚醒のファンファーレが力強いのも素晴らしい。−終楽章では行進曲風の熱狂が終わった後、トロンボーンとともに “Brüdel, überim Sternenzelt ” と荘重に歌われるような部分、まるで中世の宗教歌のように歌われるのには驚きました。ベートーヴェンはそういうもの意図していたのでしょう。また 四重唱に入る前の合唱 “Über Sternen muss…” の部分でテンポをたっぷり落とし、ソット ヴォーチェで歌われる部分も印象的です。合唱があまり整っておらず、イヤに張りきった感じであるのは常設の合唱ではないからなのでしょう。コーダは相変わらず超快速。バイロイトのように崩れることはなく 力強いのですが、終演後のパラパラとした拍手は興をそぎます。−国内盤ではCETRA原盤でキングから発売されたことがあり (K35Y-41)、また海外盤ではTAHRAなどから発売されていました。当盤はフルトヴェングラー・マニアには音質がよいと評判のいいものです。−ライナーノートは小石忠雄氏。

商品番号:KICC2290

  • 通常価格:2,300円(内税)
  • 会員価格:1,840円(内税)【20%OFF】