マニャール:交響曲第2番,正義の讃歌,序曲 プラッソン=OCT (CDC749080)

メイン画像:マニャール:交響曲第2番,正義の讃歌,序曲 プラッソン=OCT (CDC749080)ジャケット写真

商品番号:CDC749080

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●マニャール:
[1] 交響曲第2番ホ長調 Op.6
[2]「正義の讃歌」Op.14
[3] 序曲 Op.10

■ミシェル・プラッソン指揮 トゥールーズ・キャピトールo

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} EMI*CDC 7 49080 2
 発売:88年/録音:1987年/収録時間:67分
△ディスク=MADE IN W.GERMANY

コンディション

◇ディスク:A
◇ブックレット:A-〜B+/ 小シワ少しあり(強め含む) 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり

録音データ・その他

☆1987. 7 トゥールーズ・アル オー グランにおける録音。プロデューサー:アラン・ランスロン、エンジニア:ダニエル・ミシェル。
−1987, 89年で完成させた 同コンビによるマニャール交響曲全曲 (4曲) 録音の1枚。 −[1]は1892年から翌にかけて作曲。1896年 ギィ・ロパルツの指揮でナンシーで初演。特に不評だった第2楽章を中心に改訂がおこなされ、改訂版も同年にナンシーで初演されました。序曲 (11'17) - 舞曲 (5’48) - 歌と変奏 (13'57) - フィナーレ (8'48) という4楽章からなります。ホ調の混合旋法によるという第1楽章主題から一種独特な雰囲気があり、ブルックナー、ヒンデミット、フランクなどを思い浮かべたりするとはいえ、マニャールの独創の模索が伺えます。

商品番号:CDC749080

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】