ベートーヴェン:プロメテウスの創造物 アーノンクール=COE (外TELDEC)

メイン画像:ベートーヴェン:プロメテウスの創造物 アーノンクール=COE (外TELDEC)ジャケット写真

商品番号:4509-90876

  • 通常価格:1,150円(内税)
  • 会員価格:1,090円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ベートーヴェン:
「プロメテウスの創造物」(バレエ音楽) Op.43 全曲
 〔序曲, 導入部, 16のバレエ音楽〕

■ニコラウス・アーノンクール指揮 ヨーロッパ室内o

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} TELDEC*4509-90876-2
 発売:95年/録音:1993年/収録時間:69分
△ディスク=MADE IN GERMANY

コンディション

◇ディスク:B+/ スリキズ少しあり(小さめの強め含む*動作確認済)/レーベル面に小スリキズ少しあり
◇ブックレット:B+〜B/ シワ部分的にあり 白地部分に変色あり
◇プラケース:B ◇バック・インレイ白地部分に変色あり

録音データ・その他

☆1993. 11 ウィーンにおける録音。プロデューサー:ヘルミュート・ミューレ、エンジニア:ミヒャエル・ブラマン。
−序曲が有名であるのと、終曲のメロディが交響曲第3番の終楽章や、いわゆるエロイカ変奏曲の主題に転用されたことで知られるバレエ音楽の全曲盤。1800年から翌年にかけて作曲され、ウィーンのホーフブルク劇場で初演されました。バレエ音楽とはいえ、ドラマと舞踊と音楽の緊密な結びつきによる一種の「総合芸術作品」の趣を持つ作品であったとのこと。なるほど のちのロマンティック・バレエのような音楽とは全く別物。ワルツどころか舞曲という表記もなく、多くが発想記号のみ。曲はバレエには似つかわしくない、ベートーヴェンらしい逞しい音楽が並んでおり、劇音楽と言ったほうがしっくりきます。−ところで有名な序曲ですが、最後続けて導入部に入りますので、よく聞くコーダは演奏会用結尾であったことに気づかされます。

商品番号:4509-90876

  • 通常価格:1,150円(内税)
  • 会員価格:1,090円(内税)【5%OFF】