モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全曲 他 フランク,ジンマン (ARTE NOVA・2CD)

メイン画像:モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全曲 他 フランク,ジンマン (ARTE NOVA・2CD)ジャケット写真

商品番号:7432172104

  • 通常価格:700円(内税)

曲目・演奏者

●モーツァルト:
[1] ヴァイオリン協奏曲第1番 K.207
[2] 同 第2番 K.211
[3] 同 第3番 K.216 §
[4] 同 第4番 K.218
[5] 同 第5番 K.219
[6] ハフナー・セレナード K.250 (セレナード第7番) より 第2楽章: アンダンテ,第3楽章: メヌエット,第4楽章: ロンドー

■パメラ・フランク(vn) デイヴィッド・ジンマン指揮 チューリヒ・トーンハレo

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} ATRE NOVA*74321 72104 2 (2枚組)
 発売:00年/録音:1997, 99年/収録時間:66+73分
△スリムケース・タイプ △ディスク=MADE IN EU

コンディション

◇ディスク:1)B+〜B/ スリキズ部分的にあり(横方向含む, 強めの小さめ含む*動作確認済) 部分的にクモリあり,2)A〜A-/ 内外縁に小スリキズ少しあり
◇ブックレット:A-〜B+/ 小シワ少しあり ツメ咬み痕あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり

録音データ・その他

☆[1,2,4]1999. 3, [3,5,6]1997. 1 チューリヒ・トーンハレにおける録音。プロデューサー:[1,2,4]クリス・ハゼル, [3,5,6]ミハエル・ハース、エンジニア:サイモン・イードン。
−[6]は3つの協奏的楽章を演奏したもの。[1-4,6]のカデンツァはジンマンによる作。モーツァルトのスタイルからはややはみ出しますが 常識の範囲内。[5]はヨアヒム。
−フランクはニュー ヨーク シティ生まれのアメリカのヴァイオリニスト (1967-)。両親ともピアニストという音楽一家生まれ、幼少期からヴァイオリンを学び、長じてからシモン・ゴールドベルク、ハイメ・ラレードに師事し研鑽を積んみました。カーティス音楽院在学中から演奏活動に入り、アレクサンダー・シュナイダー指揮 ニュー ヨーク弦楽合奏団との共演でカーネギー・ホール・デビュー。 1999年にはエイヴリー・フィッシャー賞を女性として初めて授与されるという名誉に浴しました。当アルバムは それまでにも録音はあったとはいえ、彼女の名を広く知らしめることになったアルバムと言っていいでしょう。−やや線は細めながら、スッキリとした歌い口で好感が持てる演奏。ジンマン指揮するオケもやや小さめの弦楽によるスッキリしたスタイル。リズム感がよいことは想像できますが、表情が豊かであるのが魅力。現代のモダン演奏によるモーツァルトとして優れた内容の演奏です。

商品番号:7432172104

  • 通常価格:700円(内税)