ゴドフスキー:ピアノ作品集(パッサカリア 他) デ・ヴァール (CDA66496)

メイン画像:ゴドフスキー:ピアノ作品集(パッサカリア 他) デ・ヴァール (CDA66496)ジャケット写真

商品番号:CDA66496

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ゴドフスキー:
[1] パッサカリア (シューベルトの未完成交響曲の冒頭の主題による44の変奏曲, カデンツァとフーガ)
[2] (シューベルト原曲) 12の歌曲 より 3曲〔1/さすらい,2/おやすみ,3/いらだち〕
[3] (ウェーバー原曲)「舞踏への勧誘」
[4] (シューベルト原曲)「ロザムンデ」のバレエ音楽
[5] ( 同 原曲)「楽興の時」第3番 (D.780-3)
[6] (J. シュトラウスII 原曲)「芸術家の生活」(ヨハン・シュトラウスの主題による交響的変容より)
[7]「古きウィーン」

■リアン・デ ヴァール(p)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} HYPERION*CDA66496
 発売:91年/録音:1991年/収録時間:58分
△ディスク=MADE IN ENGLAND

コンディション

◇ディスク:A-/ 点キズ部分的にあり/レーベル面にスリキズ少しあり
◇ブックレット:B+/ 表紙両面背側端にシワあり(強め) 内部に小シワ少しあり 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に変色あり

録音データ・その他

☆1991. 5 アムステルダム・ドープスヘジンデ教会における録音。プロデューサー, エンジニア:C. ジャレッド・サックス。
−他の作曲家の有名作品に基づくパラフレーズで知られるゴドフスキー。精巧な対位法的処理、半音階的和声を施した超絶技巧曲に変身させています。有名曲がカラッと明るい超絶技巧ではなく、半音階的和声によってまるでぐにゃっと曲がるかのように、あるいは退廃的な雰囲気で編曲されるのがゴドフスキー流。−ところでホロヴィッツに「これを弾くには手が6本いる」と言わしめた[1]。シューベルトの未完成交響曲の冒頭の主題が変奏されるのですが、ひとつの変奏はごく短く、しかもその主題自体はあまり変わることなくずっと鳴っている。最初聞いた時は「ボレロ」を進化させた狂気の音楽と感じました。現在では慣れてきて 楽しめるようになりましたが。−[7]はハイフェッツによってヴァイオリン用に編曲され、ひと昔はゴトフスキーといえばこれという感じだったもの。超絶技巧とは別のワルツ風の洒落たメロディが素敵。
−デ ヴァールは南アフリカ生まれのオランダのピアニスト (1958-2011)。アムステルダムのスヴェーリンク音楽院を優秀な成績で卒業し、レオン・フライシャー、ルヅルフ・ゼルキンのマスタークラスを受講、またホルヘ・ボレットやアール・ワイルドにも教えを受けました。1983年 エリザベス王妃国際コンクール (ブリュッセル) のファイナリスト (7位)。−ヨーロッパを中心にソリストとして、室内奏者として活動 (堤剛や東京Qとも共演)。妻のメッツォ・ソプラノ歌手 マリオン・ファン デン アッカーとともにいくつかの音楽祭を主催するなどしていました。彼は特にトランスプリクションを得意とし、その演奏とともにその原曲の背景を語る “RECITALKS” と名付けたリサイタルをおこなっていましたが、肝臓癌のため53歳の若さで死去しました。死後、6枚のCD付きの「Metamorphoses: the art of the virtuozo piano transcription」が出版されたとのことです。−ここでも力強く華麗な超絶技巧で、ゴドフスキーの魅力を聞かせてくれます。

商品番号:CDA66496

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】