▽ガーシュウィン:ポーギーとベス ディメイン指揮;ヒューストン・グランド・オペラ (BVCC3005・3CD)

メイン画像:▽ガーシュウィン:ポーギーとベス ディメイン指揮;ヒューストン・グランド・オペラ (BVCC3005・3CD)ジャケット写真

  • サブ画像1:▽ガーシュウィン:ポーギーとベス ディメイン指揮;ヒューストン・グランド・オペラ (BVCC3005・3CD)ジャケット写真

商品番号:BVCC3005

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,200円(内税)【20%OFF】

曲目・演奏者

●ガーシュウィン:
「ポーギーとベス」全曲

■ドニー・レイ・アルバート(Bs:ポーギー) クランマ・デール(S:ベス) アンドルー・スミス(Br:クラウン) ウィルマ・シェイクスナイダー(S:セリーナ) ベティ・レーン(S:クララ) キャロル・ブライス(vo:マリア) アレクサンダー・B. スモールズ(Br:ジェイク) ラリー・マーシャル(T:スポーティング ライフ) 他
 ジョン・ディメイン指揮 管弦楽団, アンサンブル, 少年cho

ディスク・データ

CD//国内盤 {ADD} BMG−RCA*BVCC-3005〜7 (3枚組)
 発売:90年/定価:7200円/録音:1976年/収録時間:58+67+60分
△紙箱付き(厚さ3.0センチ) △大判ブックレット付き(103ページ) △歌詞対訳掲載

コンディション

◇ディスク:3枚)A
◇ブックレット:B/ シワ部分的にあり(強め含む) ジャケ面に薄汚れ少しあり 裏表紙から内部数ページの下部(真ん中あたり)に水濡れによるシワ・汚れ・ハゲあり 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+〜B ◇バック・インレイにシワ少しあり ◇紙箱:B+/ ヘコミ・線キズ少しあり 角・端部分的に傷みあり

録音データ・その他

☆1976. 11 NY RCAスタジオAにおける録音。プロデューサー:トーマス・Z. シェパード, ジェイ・デイヴィッド・サックス、エンジニア:ポール・グッドマン, アントニー・サルヴァトーレ。
−シャーウィン・M. ゴールドマンの演出によるヒューストン グランド オペラ上演版による録音で、黒人のみのキャストによっています。1976年にヒューストンで初演され、続いてNYでも大成功をおさめ、この録音が実現しました。当盤は米グラミー賞を受賞しています。−ブックレットは充実しており、ヒューストン グランド オペラの公演の舞台写真、録音風景、そしてガーシュウィンをはじめとするこのオペラに関連する写真も掲載。ライナーノーツは故 三浦淳史氏。イギリスの1988年度版「ニュー ペンギン ガイド」でのこの録音についての推薦・高評価が紹介されていますが、そこでも指摘している通り 一聴して劇場的な、ミュージカル的な雰囲気を感じる演奏。オケも常設のオケではないのでしょう、ややワイルド。録音のための整然とした美しさではなく、熱い生々しさがあります。ここでは各歌手の声域を便宜的に記しましたが、ブックレットには記載されていません。マリアを歌うブライスなどは歌と語りの間をいくようで「vocal」と書くしかありませんが、ポーギーを歌うアルバートはクラシックの歌手。他も主役級はそうなのでしょう。スポーティング ライフもテノール的な高声ながら独特の発声と歌い回し。粋なワルを見事に表現しています。 −管弦楽団, アンサンブルの欧文メンバー表あり。しかし32名の名が記載されているアンサンブルとは何のアンサンブルでしょうか。−

商品番号:BVCC3005

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,200円(内税)【20%OFF】