ピストン:交響曲第2,6番,シンフォニエッタ シュワルツ=Seat 他 (DE3074)

メイン画像:ピストン:交響曲第2,6番,シンフォニエッタ シュワルツ=Seat 他 (DE3074)ジャケット写真

商品番号:DE3074

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ピストン:
[1] 交響曲第2番 (1943)
[2] シンフォニエッタ (1941)
[3] 交響曲第6番 (1965)

■ジェラード・シュワルツ指揮 [1,3]シアトルso, [2]ニュー ヨーク室内so [1]クリストファー・セレク(cl) スコット・ゴフ(fl) [3]レイモンド・デイヴィス(vc)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} DELOS*DE 3074
 発売:90年/録音:1988, 89年/収録時間:67分
△ディスク=MANUFACTURED BY USA

コンディション

◇ディスク:B+/スリキズ部分的にあり(小さめ・強め含む*動作確認済み)
◇ブックレット:A〜A-/白地部分に軽い変色あり
◇ケース:B+

録音データ・その他

☆[1]1988. 11, [2]1989. 11, [3]1989. 12; [1,3]シアトル オペラ ハウス, [2]NY・92番街・YHHAにおける録音。プロデューサー:アダム・スターン、エンジニア:ジョン・イーグル。
−ウォルター・ピストンはアメリカの作曲家 (1894-1976)。エコール・ノルマルでデュカスに師事。日本ではもっぱらバレエ「不思議な笛吹き」の作曲家として有名ですが、交響曲第3番と第7番でピューリツァー賞を2度受賞、名高い音楽理論書の執筆、バーンスタイン、カーター、アンダーソンらを育成した教育家としての一面も持っています。−ピストンは生涯に8つの交響曲と1つのシンフォニエッタを作曲。[1,2]は3つの楽章、[3]は4つの楽章からなります。[3]はミュンシュ&ボストン響の1960年来日時に演奏され、また先年 CD化されて話題になりました。3曲とも晦渋過ぎず、平明すぎず、聞きごたえありというところでしょうか。3曲とも平明度の強い、勢いある、ノリのよい終楽章を持っているのが面白いところです。
−シュワル (シュウォーツ) はDELOSにピストンのアルバムを3枚録音したでしょうか。交響曲はもう1曲、第4番があるのみのようです。後年 NAXOSから再発されましたが、当盤の再発では[2]がカットされているようです。

商品番号:DE3074

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】