ガーシュウィン序曲集(オリジナルスコアによる) マッグリン=NPTO (CDC747977)

メイン画像:ガーシュウィン序曲集(オリジナルスコアによる) マッグリン=NPTO (CDC747977)ジャケット写真

商品番号:CDC747977

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ガーシュウィン:
[1]「踊る騎士 (ナイト)」(映画) 序曲
[2]「ガール クレイジー」(ミュージカル) 序曲
[3]「ティップ・トゥー」 ( 同 ) 序曲
[4]「プリムローズ」( 同 ) 序曲
[5]「踊る騎士 (ナイト)」(映画) より 遊園地の場面とダンスシーン
[6]「オー, ケイ!」(ミュージカル) 序曲

■ジョン・マッグリン指揮 ニュー プリンセス シアターo

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} EMI*CDC-7 47977 2
 発売:87年/録音:1986年/収録時間:42分
△ディスク=MADE IN U.S.A △マトリックス番号=DIDX-1405

コンディション

◇ディスク:A-/ 小スリキズ少しあり
◇ブックレット:A-〜B+/ シワ少しあり(強め) 白地部分に変色あり 裏表紙に薄汚れ少しあり
◇プラケース:B ◇バック・インレイ白色部分に変色あり

録音データ・その他

☆1986. 6 NY・RCAスタジオにおける録音。プロデューサー:ジョン・フレーザー、エンジニア:ジョン・カーランダー。
−ガーシュウィンが書いた4つのミュージカルと映画「踊る騎士 (ナイト)」のための序曲 他を、当時の上演の際の小編成によって演奏したもの。[1]はRKO映画の倉庫に眠っていたオリジナルスコアによる初録音でした。オケはNYのフリーのスタジオ・ミュージシャンと、実際に劇場で演奏している首席クラスの奏者を集めた臨時編成オケとのことです。−ガーシュウィンの名メロディがふと現れますが、特に[2]は名曲の宝庫で、"I Got Rhythm” “Embraceable You” “But Not For Me” のメロディが登場します。
−「踊る騎士 (ナイト) “A DAMSEL IN DISTRESS”」は1937年公開のミュージカル映画。天才ダンサー フレッド・アステア主演。当時 彼はジンジャー・ロジャースとのコンビで有名でしたが、一時的にコンビを解消し、まだ脇役女優だった頃のジョーン・フォンテインを相手役に抜擢して撮ったもの。アステアを尊敬し、また友人でもあったガーシュウィンが曲を提供。“Nice Work If You Can Get It” “A Foggy Day” はスタンダード・ナンバーとして今日でも愛される名曲となりました。[1]でもそれらのメロディが現れます。ガーシュウィンは同年 死去。
−余談ながら、大学時代以来 時々アステアをはじめとするミュージカル映画にはまる私。しかし「踊る騎士 (ナイト)」は日本ではビデオ化、レーザーディスク化されず、長く幻の作品でした。それが版権切れのおかげか、数年前 ついにDVDを見ることができ、感激しました。ところで ブックレットにこの映画の有名な写真が掲載されていますが、アステアと映っている女性が主役女性にしてはあまり美しくないことがずっと疑問でした。映画を見てスッキリ。映っているのはコメディエンヌ グレイシー・アレンで準主役。主役女性の貴族役のフォンテインは見た目の美しさはあれど、1曲も歌わず、1曲 アステアと踊るものの、アステア映画で最もヘタな踊りという有様です。−ちなみに邦題は「踊る騎士 (ナイト)」ですが、アステアはイギリスの美人貴族に惚れるアメリカのダンサー役で 騎士ではありません。

商品番号:CDC747977

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】