ドニゼッティ:愛の妙薬 セラフィン=スカラ; カルテリ(S) アルヴァ(T) 他 (外EMI・2CD)

メイン画像:ドニゼッティ:愛の妙薬 セラフィン=スカラ; カルテリ(S) アルヴァ(T) 他 (外EMI・2CD)ジャケット写真

商品番号:565658

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ドニゼッティ:
「愛の妙薬」全曲

■ルイージ・アルヴァ(T:ネモリーノ) ロザンナ・カルテーリ(S:アディーナ) ローランド・パネライ(Br:ベルコーレ) ジュゼッペ・タッデーイ(Bs:ドゥルカマーラ) アンジェラ・ヴェルチェッリ(S:ジャンネッタ)
 トゥリオ・セラフィン指揮 ミラノ・スカラ座o 同cho

ディスク・データ

CD//海外盤 {ADD} EMI*5 65658 2 (2枚組)
 発売:95年/録音:1958年/収録時間:66+45分
△オペラ・シリーズ △紙箱付き(厚さ2.6センチ) △ブックレットはプラケース内に収納 (106ページ)
△伊語詞・英訳掲載 △ディスク=MADE IN HOLLAND

コンディション

◇ディスク:1)B+〜B/ スリキズ部分的にあり,2)A
◇ブックレット:A-/ 白地部分に軽い変色あり 部分的に薄汚れあり
◇プラケース:A-〜B+ ◇フロント&バック・インレイ白地部分に軽い変色あり
◇紙箱:B/ 線キズ部分的にあり 白地部分に軽い変色あり・薄汚れ少しあり

録音データ・その他

※当商品1点のみで「通常配送」をご選択の場合 クリックポスト配送となるため、厚さ制限の関係で緩衝材を施すことができません。ビニール袋と封筒に入れての送付となります。あらかじめご了承ください。

☆1958. 8 ミラノ・スカラ座における録音。エンジニア:エドワード・ハントリー, ロバート・ベケット。
−素晴らしい演奏であるにもかかわらず、日本ではあまり親しまれなかった録音。というのも国内盤では1960年 LP (しかもモノーラルで) で発売されて以後 ずっと発売がなく、1997年 37年ぶりにCDで発売されたという憂き目に遭ってきました。私は大学時代、どうしても聞きたくて、海外盤LPを注文し (京都四条の十字屋)、数ヵ月後 やっと手に入れたという思い出があります。−カルテリは1930年生まれ。早熟で、わずか21歳でスカラ座デビュー。その後も美しい容姿を持った優れたリリコとして活躍したものの、なぜか録音に恵まれず、また全盛期で結婚して引退してしまったため、幻の歌手となってしまいました。これは彼女の代表的録音です。−アルヴァ、パネライ、タッデーイと名歌手が揃っているうえ、セラフィン&スカラが大らかで懐の大きな演奏で盛り立てています。それにしてもタッデーイの七色の声色を駆使した芸達者な歌の面白さときたら! インチキ医者はまさにはまり役。現代では考えられない表現で 批判もあるでしょうが、その巧みな表現力は貴重な個性です。若き日のアルヴァも端正な表現で好演。

商品番号:565658

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】