モーツァルト:セレナード第6,9番,fl協1番 ヴァント=NDRso, SoBR 他 /LIVE (外HAENSSLER)

メイン画像:モーツァルト:セレナード第6,9番,fl協1番 ヴァント=NDRso, SoBR 他 /LIVE (外HAENSSLER)ジャケット写真

商品番号:PH05006

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●モーツァルト:
[1] セレナータ ノットゥルナ K.239 (セレナード第6番)
[2] フルート協奏曲第1番 K.313
[3] ポストホルン・セレナード K.320 (セレナード第9番)

■ギュンター・ヴァント指揮 [1,2]北ドイツ放送so [3]バイエルン放送so [2]ヴォルフガング・リッター(fl)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} HÄNSSLER*PH05006
 発売:05年/録音:[3]1978, [2]88, [1]90年 全LIVE/収録時間:76分
△ディスク=Manufactured in Germany

コンディション

◇ディスク:A-/ 外縁にキズあり(小さめ)/レーベル面中心部に小さなスリキズ少しあり(強め)
◇ブックレット:A-〜B+/ 小シワ部分的にあり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆[1]1990. 5, [2]1988. 12 以上ハンブルク, [3]1978. 10 ミュンヘン・ヘルクレスザールにおける いずれもライヴ録音。バランス・エンジニア:[1]カール-オットー・ブレマー, [2]ヨハネス・クッツナー, [3]D. クノーベルスドルフ、サウンド・エンジニア:[1,2]ゲラルド・ゲッツェ, [3]D. クノーベルスドルフ。
−ヴァントはポストホルン・セレナードの演奏を 師事していたアーベントロートからお墨付きをもらったとのことで、特異にしていたレパートリーとのこと。2001年 北ドイツ放送響とのライヴ録音があり (RCA)、またアナログ時代のケルン・ギュルツェニヒ管との録音もあったようです。

商品番号:PH05006

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】