ニールセン:交響曲第3,6番 サロネン=スウェーデン放送so 他 (SK46500)

メイン画像:ニールセン:交響曲第3,6番 サロネン=スウェーデン放送so 他 (SK46500)ジャケット写真

商品番号:SK46500

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ニールセン:
[1] 交響曲第3番 Op.27 (シンフォニア エスパンシーヴァ / ひろがりの交響曲)
[2] 同 第6番 (シンフォニア センプリーチェ / 素朴な交響曲)

■エサ-ペッカ・サロネン指揮 スウェーデン放送so [1]ピア-マリア・ニルソン(S) オーレ・ペルッソン(Br)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} SONY*SK 46500
 発売:91年/録音:1990年/収録時間:71分
△ディスク=MADE IN USA

コンディション

◇ディスク:B/ スリキズ部分的にあり(強め含む・小さめ*全曲の動作確認済)
◇ブックレット:B+/ ジャケ面背側にシワあり ツメ咬み痕少しあり 白地部分に変色あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に変色あり(軽め)

録音データ・その他

☆1989. 6, 1990. 9 ストックホルム・ベルワルド ホールにおける録音。プロデューサー:デイヴォッド・モットリー、エンジニア:ラース・ヘード。
−サロネンのニールセン交響曲全曲録音の完結編。他の4つの交響曲は 1986〜87年 管弦楽曲との組み合わせて1曲ずつ 4枚に分けて録音していました。サロネンは1984〜95年 当オケの音楽監督・首席指揮者をつとめていました。−[1]の「エスパンシーヴァ」という名称は単に第1楽章の発想記号 アレグロ エスパンシーヴォに由来するものと考えられているとのこと。第2楽章: アンダンテ パストラーレで北欧風の主題があらわれ、舞台裏からふたりの独唱 (ヴォカリーズ) が入り、牧歌的な曲想となるのが大きな特徴です。−最後の交響曲[2]は新古典主義のような明るさと明快さを持ちながらも、ユーモアや皮肉、風刺、狂気、そして諦観のようなものを感じさせる なんとも不思議な作品。ショスタコーヴィチの先駆を感じさせ、私がこのところ最も興味深く感じている作品です。 −若き日のサロネンの指揮はテクスチュアが明快。メリハリが効いており、瑞々しい抒情性など、フレッシュさを感じる演奏を聞かせてくれます。私の愛聴盤です。

商品番号:SK46500

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】