Rコルサコフ:シェエラザード 他 アンセルメ=OSCC 他 (CDBP9712)

メイン画像:Rコルサコフ:シェエラザード 他 アンセルメ=OSCC 他 (CDBP9712)ジャケット写真

商品番号:CDBP9712

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●[1] リムスキー-コルサコフ:「シェエラザード」Op.35
[2] ボロディン (R-コルサコフ編):ポロヴェツ人の踊り (「イーゴリ公」 より)
[3] リムスキー-コルサコフ:「おとぎ話」Op.29

■[1]エルネスト・アンセルメ指揮 パリ音楽院o
[2]グジェゴシュ・フィテルベルク指揮 ロンドンpo
[3]コンスタント・ランバート指揮 フィルハーモニアo

ディスク・データ

CD//海外盤 {MONO/ADD} DUTTON LABORATORIES*CDBP 9712
 発売:01年/録音:[1]1948, [2,3]46年/収録時間:73分
△ディスク=Manufactured in Austria

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ部分的にあり(強め含む)
◇ブックレット:A-〜B+/ シワ少しあり(強め含む)
◇プラケース:A-〜B+

録音データ・その他

☆[1]1948. 6 パリ・メゾン ドゥ ラ ミュテュアリテ, [2]1946. 4 ロンドン・ウェンブリー タウン ホール, [3]1946. 1 ロンドン・キングズウェイ ホールにおける録音。
−[1]K1980-85, [2]K1536-37, [3]DX1485-86 と、3つの録音のカタログ・ナンバー (とマトリックス番号) が掲載されていますが、いずれもDECCA原盤でしょうか。
−私の愛聴(蔵)盤。なんといってもアンセルメの指揮下、フランスの香気を振りまくパリ音楽院管を楽しめる[1]が音質もよく、聞きものですが、[2,3]のふたりの指揮者も興味深い。−[2]のフィテルベルクはのユダヤ系ポーランド出身 (現在のラトビア) の作曲家、指揮者。(1879-1953)。作曲家としてはシマノフスキ、カルウォヴィチらと共に若きポーランド (ムウォダ ポルスカ)の一員として活躍。指揮者としては1935年 ポーランド国立放送カトヴィツェ響を設立するとともに、シマノフスキの作品の普及につとめました。ナチス・ドイツを避け1940年から南米、アメリカに移りましたが、1946年 ポーランドへ帰国。 翌年からカトヴィツェ響に復帰し、死去するまで同団を率いたとのことです。
−[3]のランバートはイギリスの作曲家、指揮者 (1905-51)。父はロシア生まれのオーストラリアの画家ジョージ・ワシントン・ランバート。作曲をヴォーン・ウィリアムズに師事しました。1925年 バレエ リュスのために「ロメオとジュリエット」を作曲。ジャズを取り入れたカンタータ「リオ グランデ」で有名になりました。1931年 ヴィック・ウェルズ・バレエ団の創設者のひとりとして1947年まで音楽監督と指揮者をつとめるなど指揮者としての活動を重点に置きましたが、長年の飲酒がたたり45歳の若さで死去しました。

商品番号:CDBP9712

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】