ドヴォルザーク:伝説曲 ジンマン=ロチェスターpo (外NONESUCH)

メイン画像:ドヴォルザーク:伝説曲 ジンマン=ロチェスターpo (外NONESUCH)ジャケット写真

  • サブ画像1:ドヴォルザーク:伝説曲 ジンマン=ロチェスターpo (外NONESUCH)ジャケット写真

商品番号:979066

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,050円(内税)【30%OFF】

曲目・演奏者

●ドヴォルザーク:
伝説曲集 Op.59 (10曲)

■デイヴィッド・ジンマン指揮 ロチェスターpo

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} NONESUCH*9-79066-2
 発売:86年/録音:1983年/収録時間:42分
△ディスク=MADE IN W.GERMANY BY POLYGRAM (ディスク中心部の刻印なし),7559 79066-2 2893 578 01 #

コンディション

◇ディスク:A-/ 内縁にスリキズあり・外縁にも少しあり
◇ブックレット:A〜A-/ ジャケ面に薄汚れ少しあり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆1983. 5 NY ロチェスター・ホックスタイン スクール オーディトリアムにおける録音。プロデューサ, エンジニア:ジュディス・シャーマン。
−伝説曲 (伝説) は4手用ピアノ曲として作曲された後、小規模なオーケストラのために編曲されたもの。3〜6分ほどの小曲10曲からなります。各曲にはタイトルはついておらず、曲集としてのタイトル「伝説」の由来は知られていません。ライナーノートの藁科雅美氏は「叙事詩的な語り口もあちこちにみとめられはするが、スラヴ舞曲の姉妹作ともいえる音詩的な作品」と書いています。とはいえ麗しい抒情とともに何か語っているような音楽で、いろいろと情景や感情を想像しながら聞くべき音楽のような気がします。抒情中心でパンチや派手さがないためでしょう、現代ではまとめて演奏されることは少ないですが、作曲当時 ハンスリックが「この上なくかわいい作品」、ジムロックが「本当に楽しい作品。創意の豊かさを羨む。」などと賛辞を贈ったとのことです。
−ジンマンがロチェスター・フィルの音楽監督をつとめていた時代 (1972-85) の録音。この曲集をまとめて聞ける貴重な秀演です。
−もとは1986年 ワーナー発売の国内仕様盤 32XC-37 であったもので、四ツ折の日本語解説書が附いています (シワあり)。−CD初期時代のNONESUCHはPOLYGRAMにプレスを委託していたのも魅力。レーベル面のデザインもかっこいい。

−余談ながら 音楽評論家の藁科雅美氏 懐かしいですね。クラシックを聞き始めた中学生の頃、その名前から女性なのかな?と思っていたら、FM放送でフガフガとした いかにも年寄りっぽい話し方に驚いた思い出があります。1915年生まれと言いますから当時まだ65歳頃だったようですが。1993年にお亡くなりになったようです。

商品番号:979066

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,050円(内税)【30%OFF】