モーツァルト:交響曲第39番,ob協奏曲 他 フランツ=モンブラン・ネイションpo 他 (MB1)

メイン画像:モーツァルト:交響曲第39番,ob協奏曲 他 フランツ=モンブラン・ネイションpo 他 (MB1)ジャケット写真

商品番号:MB1

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●モーツァルト:
[1]「魔笛」K.620 序曲
[2] オーボエ協奏曲 K.314(285b)
[3] 交響曲第39番 K.543

■ユストゥス・フランツ指揮 モンブラン・フィルハーモニア オヴ ザ ネイションズ [2]のエマヌエル・レイ(ob)

ディスク・データ

CD//海外盤 MONT BLANC*MB1 <非売品>
 録音:記載なし/収録時間:57分
△日本語解説併載 △プラケースは交換されたもの

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ スリキズ少しあり
◇ブックレット:B+/ 表紙両面にシワ・ツメ咬み痕あり 内部白地部分に変色あり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆録音データなし。−高級万年筆メーカー モンブランはさまざまな文化事業に取り組んでおり、Philharmonia of the Nations もそのひとつ。レナード・バーンスタインとフランツが中心となって 30ヶ国を越える国の若手音楽家が集まり、世界平和と国境を越えた創造性の象徴として設立されたとのことです。−演奏は大変素晴らしいもの。プロのオケには洗練の点で劣りますが (とはいえ昔のオケに比べれば遜色ない)、その活き活きとした音楽にウキウキと心弾まされずにいられません。リズム感のよさ、雄弁さ、輝かしさ! 意外なアクセントと強弱の大きな対比も功を奏しています。[3]の第1楽章などは張り切りすぎともいえますが、そのはちきれんばかりの生命力は圧倒的です。アンサンブルの洗練よりも「音を楽しむ」(ベタな表現ですが…) ことを優先させた指揮者の勝利でしょう。一転 じっくりと繊細さをもってモーツァルトの深みに迫った第2楽章も見事。当盤と 同じく非売品のヴァルソヴィアとの「新世界より」を聞けば、フランツは優秀なオーケストラビルダーで、かつ音楽に命を吹き込むことのできる天才的な指揮者なのかもと思ってしまうのも当然でしょう。−[2]のオーボエ エマヌエル・レイ (Emanuel Rey) も名が知られていないのが不思議なくらい、美しく表現力豊かな素晴らしい演奏を聞かせてくれます。−一方[1]は勇み足ともいえそうな快速演奏。−当ブックレットには各国語とともに日本語のライナーノートがあり、オケについて、曲目についての解説があります。ただし録音データなどがないのが残念。オケがいつ設立されたかも書かれていませんが、バーンスタインが関わっているとすれば、1980年代でしょう。録音もディジタルであると思われます。またライナーの書きようからすると、世界各地で演奏会をおこなう前にセッション録音されたものかもしれません。続編もあり (合計4点?)。

商品番号:MB1

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】