グリーグ:ペール・ギュント抜粋 エッシェンバッハ=Bam,ドナート(S) (外EURODISC)

メイン画像:グリーグ:ペール・ギュント抜粋 エッシェンバッハ=Bam,ドナート(S) (外EURODISC)ジャケット写真

商品番号:610508-231

  • 通常価格:2,300円(内税)
  • 会員価格:2,180円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●グリーグ:
「ペール・ギュント」Op.23 劇音楽抜粋
〔1/前奏曲 (結婚の場),2/結婚行進曲,3/第2幕への前奏曲 (花嫁の略奪とイングリットの嘆き),4/山の魔王の宮殿にて,5/山の魔王の娘の踊り,6/オーゼの死,7/第4幕への前奏曲 (朝),8/アラビアの踊り,9/アニトラの踊り,10/ソルヴェイクの歌,11/第5幕への前奏曲 (ペールの帰郷と嵐の場面),12/ソルヴェイクの子守歌〕

■クリストフ・エッシェンバッハ指揮 バンベルクso 4,8/ 同cho 8,10,12/ヘレン・ドナート(S)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} EURODISC*610 508-231
 発売:85年/録音:1985年/収録時間:50分
△歌詞掲載なし △ディスク中心部=アルミ蒸着タイプ
△ディスク中心部の刻印=MADE IN W.GERMANY BY PDO,610508 2896 160 02 #
△プラケース=ハード・タイプ

コンディション

◇ディスク:A-/ 内縁にスリキズ少しあり/レーベル面中心部にスリキズ少しあり
◇ブックレット:B+/ シワ部分的にあり(小さな強め含む) ジャケ面に線キズ少しあり 内部白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆1985. 6 録音。プロデューサー:ヴィルヘルム・マイスター、エンジニア:ペーター・ツェルンヘーファー。
−劇の進行順に演奏された抜粋録音。
−ピアニストとしての成功の後、ハンブルクで指揮の勉強をし、1972年に指揮活動を開始。1975年にサンフランシスコ響で指揮デビューを飾ったエッシェンバッハ。当アルバムはピアノ弾き振りを除いたオーケストラ作品の指揮として初期のもの。−速めのテンポ設定、硬質な音による引き締まった指揮が魅力的です。
−1979年頃録音 ラインラント・プファルツ州フィルとの「エロイカ」がEMIエレクトローラの非売品であったようですが、一般発売されたものとしてはこの「ペール・ギュント」がエッシェンバッハ指揮のオーケストラ作品の初録音かもしれません。

商品番号:610508-231

  • 通常価格:2,300円(内税)
  • 会員価格:2,180円(内税)【5%OFF】