プレヴィン:ピアノ協奏曲,ギター協奏曲 アシュケナージ(p) フェルナンデス(g) プレヴィン=RPO 他 (外DECCA)

メイン画像:プレヴィン:ピアノ協奏曲,ギター協奏曲 アシュケナージ(p) フェルナンデス(g) プレヴィン=RPO  他 (外DECCA)ジャケット写真

商品番号:425107

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●プレヴィン:
[1] ピアノ協奏曲 (1984)
[2] ギター協奏曲 (1971)

■[1]ヴラディーミル・アシュケナージ(p) [2]エドゥアルド・フェルナンデス(g) [1,2]アンドレ・プレヴィン指揮 ロイヤルpo [2]ミッチ・ダルトン(エレクトリックg) ハービー・フラワーズ(バスg) バリー・モーガン(ds)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} DECCA*425 107-2
 発売:90年/録音:1988年/収録時間:58分
△ディスク中心部の刻印=MADE IN W.GERMANY BY PDO

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ部分的にあり 内縁にスリキズあり(細かめ・強め)/レーベル面にスリキズ少しあり
◇ブックレット:A-〜B+/ 内部に軽シワあり 内部白地に変色あり(軽め)
◇プラケース:B+〜B

録音データ・その他

☆1988. 6 ロンドン・ウォルサムストウ アセンブリー ホールにおける録音。プロデューサー:ポール・マイヤーズ、エンジニア:コリン・ムアフット。
−[1]はアシュケナージ、[2」はジョン・ウィリアムズのために書かれた作品。ともに3楽章からなります。どちらも洒落たモダン性を感じる作風。[1]は第2楽章はソロ・ピアノとソロ・チェロが奏でる主題による変奏曲で16分と長めであるのがひとつの特徴です。[2]はギターの特性上、軽めの曲想ですが (ロドリーゴを想起させもします)、スロウという指示のある第3楽章は、穏やかなアコースティック・ギターとオーケストラの演奏に、エレキギターとドラムスとのトリオが騒々しく割り込んでくるという意表を突く曲。覚悟していないと相当ビックリされると思いますのでご注意を。

商品番号:425107

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】