ベルリオーズ:葬送と勝利の大交響曲,クレオパトラの死 エッシェンバッハ=チェコpo,ヴェイソヴィチ(MS) (33CO2435)

メイン画像:ベルリオーズ:葬送と勝利の大交響曲,クレオパトラの死 エッシェンバッハ=チェコpo,ヴェイソヴィチ(MS) (33CO2435)ジャケット写真

商品番号:33CO2435

  • 通常価格:2,000円(内税)
  • 会員価格:1,900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ベルリオーズ:
[1]「クレオパトラの死」(カンタータ)
[2] 葬送と勝利の大交響曲 Op.15 (オリジナル吹奏楽版)

■クリストフ・エッシェンバッハ指揮 チェコpo [1]ドゥーニャ・ヴェイソヴィチ(MS)

ディスク・データ

CD//国内盤 {DDD} Co−スプラフォン*33CO-2435
 発売:88年/定価:3300円/録音:[2]1987, [1]88年/収録時間:60分
△歌詞対訳掲載 △プラケース=ハード・タイプ

コンディション

◇ディスク:B-〜C+/ スリキズやや多し(強め・横方向含む*全曲の動作確認済)
◇ブックレット:B-/ シワ・ツメ咬み痕あり(強め含む) 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+〜B ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり ◇オビなし

録音データ・その他

☆[1]1988. 1, [2]1987. 4 以上プラハ・芸術家の家における録音。ディレクター:ヤロスラフ・リバール、エンジニア:ヴァーツラフ・ロウバル。
−[1]はローマ賞コンクールのために書いた若き日の作品 (とはいえ幻想交響曲の前年ですが)。ベルリオーズの斬新な手法を使った劇的効果に驚かされますが、それが保守的な審査員を困惑させ、落選に繋がったと考えられてます。2部からなり、アクティウムの海戦に破れたクレオパトラの悲痛な思い、毒蛇を胸に当てて死ぬ場面をドラマティックに描いています。−のちに「ローマの謝肉祭」に使われるメロディが現れるのもちょっとした聞きもの。
−[2]はフランスの7月革命10周年の記念式典のために書かれたもの (1840年作曲)。葬列とともに演奏する第1楽章: 葬送行進曲、英雄の遺体を記念碑に安置する際に演奏する第2楽章: 追悼曲、そして式典を締めくくる第3楽章: 栄光の讃歌 (アポテオーズ) からなります。編成は野外での演奏ということで大編成の吹奏楽のために書かれましたが、のちに弦楽合奏などのパートを追加。さらに第3楽章にアントニー・デシャンの詞による合唱を追加。ともに任意ですが、この演奏ではオリジナルの吹奏楽のみでの演奏です。
−エッシェンバッハとチェコ・フィル・コンビの録音は現在これが唯一でしょうか。

商品番号:33CO2435

  • 通常価格:2,000円(内税)
  • 会員価格:1,900円(内税)【5%OFF】