ラヴェル:ダフニスとクロエ ロザンタール=OTNOP (外ACCORD)

メイン画像:ラヴェル:ダフニスとクロエ ロザンタール=OTNOP (外ACCORD)ジャケット写真

商品番号:472303

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,420円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ラヴェル:
「ダフニスとクロエ」バレエ音楽全曲

■マニュエル・ロザンタール指揮 パリ・オペラ国立劇場o フランス国営放送cho (RTF)

ディスク・データ

CD//海外盤 {ADD} ACCORD (UNIVERSAL)*472 303-2
 発売:02年/録音:1958年/収録時間:61分
△コレクション ミュジク フランセーズ・シリーズ
△ディスク中心部の刻印=Made in the EU by Cinram Optical Discs

コンディション

◇ディスク:A-/ 点キズ少しあり
◇ブックレット:A-〜B+/ ジャケ面小口側端に強めのシワあり その他シワ少しあり 内部白地部分に変色あり(軽め)
◇プラケース:A-〜B+

録音データ・その他

☆1958. 4 録音。Disques Vega による。−ユニヴァーサル ミュージック・スタジオにおける 24bit-96kHz ディジタル・トランスファー。
−ロザンタールは1904年 パリ生まれ。パリ音楽院でラヴェルに作曲を、ユレに和声と対位法を学びます。1928年にブリュマンタル賞受賞。ラムルー管、パリ響の副指揮者を経て 1944年から47年までフランス放送管の音楽監督 兼 指揮者、1948年から51年までシアトル響の音楽監督、1962から67年までリエージュ響の指揮者などを歴任しました。その間 オペレッタやバレエなどを作曲しており、指揮者のポストが長く続かなかったのは作曲の仕事もあったからでしょう。オッフェンバックの作品を聞きどころをまとめた「パリの喜び」と「オッフェンバキアーナ」は特に有名です。指揮者としての録音活動もSP時代からディジタル時代まで長く活躍しましたが、2003年 99歳の誕生日を目前に亡くなりました。
−当アルバムは師ラヴェルの管弦楽曲全曲録音より。今は失われた いにしえのフランスらしい軽さ、冴えたリズム感、直截さを湛えた演奏で、アクセル全開のアッチェレランドもユニークです。

商品番号:472303

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,420円(内税)【5%OFF】