カントルーブ:オーヴェルニュの歌 抜粋 ロス・アンヘレス(S) (CDM763178)

メイン画像:カントルーブ:オーヴェルニュの歌 抜粋 ロス・アンヘレス(S) (CDM763178)ジャケット写真

商品番号:CDM763178

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,420円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●カントルーブ編:
オーヴェルニュの歌 より 24曲
〔[1] 野原の羊飼いのおとめ,[2] バイレロ,[3〜5] 3つのブーレ (1/泉の水,2/どこへ羊を放そうか?,3/あちらのリムーザンに),[6] アントゥエノ,[7] 羊飼いのおとめと若旦那,[8] 捨てられた女,[9] うずら (2つのブーレより),[10] 紡ぎ女,[11] 牧場を通っておいで,[12] せむし,[13] 子守唄,[14] 女房持ちはかわいそう,[15] オイ アヤイ,[16] 子供をあやす歌,[17] チュ チュ,[18] 牧歌,[19] カッコウ,[20] むこうの谷間に,[21] むこう 岩山の上で,[22] ロバにまぐさをおやり,[23] お行き ワン公,[24] きれいな羊飼い娘〕

■ビクトリア・デ ロス アンヘレス(S) ジャン-ピエール・ジャキャ指揮 コンセール ラムルーo

ディスク・データ

CD//海外盤 {ADD} EMI*CDM 7 63178 2
 発売:90年/録音:1969, 74年/収録時間:71分
△オック語詞・英訳掲載 △ディスク=Made in Holland

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ少しあり
◇ブックレット:A-〜B+/ 小シワ少しあり(強め含む) 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり 背表紙赤色地に軽い色あせあり

録音データ・その他

☆1969. 2, 1974. 9 パリにおける録音。エンジニア:ポール・ヴァヴァスュール。1969年録音分 (2-5,8,10,11,13,17) のプロデューサーはルネ・シャルラン。
−カントルーブの故郷であるフランス中部の山間オーヴェルニュ地方の民謡を採譜・編曲した管弦楽伴奏付き歌曲集。古いフランス語の方言であるオック語で歌われます。ここでは第1集全曲([1〜5])、第2集6曲より4曲 ([6〜9])、第3集全曲 ([10〜14])、第4集6より5曲 ([15〜19])、第5集8曲より5曲 ([20〜24]) がセレクト。全曲録音からの抜粋ではなく、これがロス アンヘレスのオーヴェルニュのすべて。LP2枚分をまとめたものです。−この曲集といえば、CD時代初期にキリ・テ カナワとフレデリカ・ヴォン スターデの2種が発売され、この曲集の人気をグッと高めたということがありましたが、このロス アンヘレスはそれ以前の代表的録音。テ カナワとヴォン スターデ盤が洗練されたコンサート風なのに対し、このロス アンヘレスは民謡風を感じさせるもの。オーヴェルニュの少女になりきったような甘く チャーミングな歌い口と感情表現、ユーモアの表出。さすがです。

商品番号:CDM763178

  • 通常価格:1,500円(内税)
  • 会員価格:1,420円(内税)【5%OFF】