ベートーヴェン:交響曲第9番 ラインスドルフ=ベルリン放送so 他 /LIVE (SSS0103)

メイン画像:ベートーヴェン:交響曲第9番 ラインスドルフ=ベルリン放送so 他 /LIVE (SSS0103)ジャケット写真

商品番号:SSS0103

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ベートーヴェン:
交響曲第9番 Op.125 (コラール)

■エーリヒ・ラインスドルフ指揮 ベルリン放送so ベルリン聖ヘドヴィヒ教会cho ルーシー・ピーコック(S) ジークリンデ・ヴァーグナー(A) マンフレート・ユング(T) ハラルト・スタム(Bs)

ディスク・データ

CD//海外盤 {ADD} WEITBLICK*SSS0103-2
 発売:09年/録音:1978年LIVE/収録時間:67分
△歌詞掲載なし △ライナーノート和訳掲載

コンディション

◇ディスク:A-/ 小スリキズ少しあり
◇ブックレット:A〜A-
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり
◇オビ:B+/ 上下辺にシワあり

録音データ・その他

☆1978. 9. 18 ベルリン・フィルハーモニーにおけるライヴ録音。
−1978年からベルリン放送響 (現ベルリン・ドイツ響) の首席指揮者をつとめたラインスドルフ (〜80年と短い間でしたが) 。その就任当初のライヴ録音です。速めのテンポによる緊張感に富んだ手に汗握る演奏。細部の洗練は甘いものの、ライヴらしい白熱が魅力です。トランペット、ティンパニの強調は録音の加減でしょうか。それにしても第1楽章の展開部以降、第1ヴァイオリンの旋律を頻繁に1オクターヴ上げているのには驚きました。ヒステリックな感じを受け、余計に緊張感を煽るというやり口です。そこまでするかという思い以上に、面白かったです。解せないのは、このことについて元シカゴ響総裁ヘンリー・フォーゲルによるライナーノートにも、某レコード店のネットの購入者レヴューにも指摘がないこと。とあるクラシック・ファンのかたのホームページで指摘されているのを見つけ、変にホッとしました。−歌手の音程にハラハラする場面もあるものの、終楽章も力演で、コーダも意表を突きます。

商品番号:SSS0103

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】