メンデルスゾーン,チャイコ:ヴァイオリン協奏曲 オイストラフ(vn) コンドラシン= (VICC2017)

メイン画像:メンデルスゾーン,チャイコ:ヴァイオリン協奏曲 オイストラフ(vn) コンドラシン= (VICC2017)ジャケット写真

商品番号:VICC2017

  • 通常価格:2,600円(内税)
  • 会員価格:2,470円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●[1] メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 Op.64
[2] チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 Op.35

■ダヴィド・オイストラフ(vn) キリル・コンドラシン指揮 [1]ソヴィエト国立o, [2]モスクワpo

ディスク・データ

CD//国内盤 {MONO/ADD} V−メロディア*VICC-2017
 発売:90年/定価:2000円/録音:[2]1958年LIVE, [1]不明/収録時間:63分
△メロディア名盤30選 7 △ソ連MK原盤 △プラケース=ハード・タイプ

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ スリキズ少しあり(強め含む・小さめ*動作確認済) / レーベル面に小スリキズ少しあり
◇ブックレット:A-/ 小口側端に小シワあり(強め) 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+〜B ◇バック・インレイに変色あり(軽め) ◇オビ:A-〜B+/ 縦直線状のシワあり

録音データ・その他

☆[1]1950年代初めの録音。[2]1958年ライヴ録音。ディレクター:[2]K. カリネンコ、エンジニア:[1]E. アンドレーエフ, [2]イーゴリ・ヴェブリンツェフ。
−録音年・場所についての記載なし。当時は録音データが不明だったようですが、のちに[2]は1958年ライヴ録音と判明したようです。オイストラフとは思えないほど、音楽に没入した感情的、白熱的演奏で有名であったもの。コンドラシンの指揮とともに大変スリリングな演奏を作り上げています。しかし終演後のとってつけたような拍手は「蛇足」。 −一方[1]はセッション録音で 1950年代初めの録音だろうということです。
−1986年の国内初CD化 VDC-1125 の再発売分。

商品番号:VICC2017

  • 通常価格:2,600円(内税)
  • 会員価格:2,470円(内税)【5%OFF】