ブラームス:二重協奏曲 他 シュナイダーハン(vn) マイナルディ(vc) フルトヴェングラー= /LIVE (PAL1072)

メイン画像:ブラームス:二重協奏曲 他 シュナイダーハン(vn) マイナルディ(vc) フルトヴェングラー= /LIVE (PAL1072)ジャケット写真

商品番号:PAL1072

  • 通常価格:2,700円(内税)
  • 会員価格:2,560円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ブラームス:
[1] ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 Op.102
[2] ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a

■ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 [1]ルツェルン音楽祭o ヴォルフガング・シュナイダーハン(vn) エンリコ・マイナルディ(vc) [2]ベルリンpo

ディスク・データ

CD//国内盤 {MONO} Cr−パレット*PAL 1072
 発売:89年/定価:3200円/録音:[1]1949, [2]43年 ともにLIVE/収録時間:54分
△OUTLET原盤 △プラケース=ハード・タイプ

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ スリキズ部分的にあり(小さめ・強め含む*動作確認済) 外縁にスリキズ少しあり
◇ブックレット:A〜A-
◇プラケース:B+ ◇オビなし

録音データ・その他

☆[1]1949. 8. 24 ルツェルン, [2]1943. 12. 12 ベルリンにおける ともにライヴ録音。
−[1]はフルヴェンの2種の録音のうち時期の早いほう。ウィーン・フィル, ボスコフスキー, ブラベッツの1952年ライヴ録音があり EMIなどから発売されています。この1949年録音は第1楽章再現部 336〜359小節まで約50秒の欠落がありますが、違和感のないように繋がれています。2曲ともフルヴェン・ファンに音質のよさで評価の高い盤ですが、[1]はもともと豊かな音ではありません。しかし演奏は生々しく 鬼気迫るようで、ライナーノートの桧山浩介氏の解説にあるように「切れば鮮血のほとばしるような気迫に満ちた演奏」。檜山氏は「モーツァルトの20番 (ルフェビュールのピアノ)、ベートーヴェンの4番 (ハンセンのピアノ) と並んでフルトヴェングラーの残した協奏曲の録音の中で三指に屈するに値する名演」とされています。シュナイダーハンも偉大な指揮者の演奏にノッているのではないでしょうか。表情豊かな演奏も大いなる聞きものです。
−[2]は7種あるフルトヴェングラーの録音のうちで最も早い時期のもの。日にちは確たるものではないようで 12日から15日まで幅があるようです。いずれにせよ EMへのSP録音 (1943. 12. 18) の数日前です。こちらは時代を考えれば音質良好。

商品番号:PAL1072

  • 通常価格:2,700円(内税)
  • 会員価格:2,560円(内税)【5%OFF】