ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲,画家マティス 他 オイストラフ(vn),クレツキ=OSR 他 (外DECCA)

メイン画像:ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲,画家マティス 他 オイストラフ(vn),クレツキ=OSR 他 (外DECCA)ジャケット写真

商品番号:433081

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ヒンデミット:
[1] ヴァイオリン協奏曲
[2] ウェーバーの主題による交響的変容
[3] 交響曲「画家マティス」

■[1]ダヴィド・オイストラフ(vn) パウル・ヒンデミット指揮 ロンドンso
[2]クラウディオ・アッバード指揮 ロンドンso
[3]パウル・クレツキ指揮 スイス・ロマンドo

ディスク・データ

CD//海外盤 {ADD} DECCA*433 081-2
 発売:92年/録音:[1]1962, [2,3]68年/収録時間:77分
△エンタープライズ・シリーズ △ディスク=MADE IN GERMANY BY PMDC
△プラケース=ハード・タイプ

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ スリキズ少しあり(強め含む*動作確認済)
◇ブックレット:A-〜B+/ 小シワ少しあり 裏表紙に直線状の軽い1本シワあり 内部白地部分に変色あり(軽め)
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆[1]1962. 9 ロンドン・ウェスト ハムステッド第3スタジオ,[2]1968. 2 ロンドン・キングズウェイ ホール,[3]1968. 9 ジュネーヴ・ヴィクトリア ホールにおける いずれもセッション録音。
−エンタープライズ・シリーズはDECCAに残る20世紀の名作・名演奏を集めたもの。[1]はオリジナルはブルッフ:スコットランド幻想曲, ホーレンシュタイン指揮。オイストラフの数少ないDECCA録音で、他には息子イーゴリとの共演によるモーツァルト2曲があります。−[2]のオリジナルはヤナーチェク:シンフォニエッタ、[3]はルトスワフスキ:管弦楽のための協奏曲。クレツキは1966年から没年の1973年まで スイス・ロマンド管の音楽監督をつとめていました。
−[1]は急-緩-急の3楽章からなる作品。感情的なものを無機質・無感情なヴェールで覆っているような音楽ですが、オイストラフは温もりのある情緒を前面に押し出すよう。ロマンティックに近づいた演奏はこの作品を親しみやすくしてくれます。作曲者自身の指揮もメリハリが効いていてダイナミック。ウマイものです。
−[2]はアッバ−ド30代半ばの演奏。1968年といえばミラノ・スカラ座の指揮者となった年。若き秀英として日の出の勢いであった時期で、この演奏にも若さと勢いがあります。−[3]は反対にクレツキ晩年 (68歳時) の演奏。その実力を知るのにうってつけの演奏と言えそう。神経質にならずに音楽をグイグイと引っ張っており、動的。この曲の面白さを充分に引き出しています。

商品番号:433081

  • 通常価格:950円(内税)
  • 会員価格:900円(内税)【5%OFF】