メンデルスゾーン:夏の夜の夢,ルイ・ブラス ウェラー=RSO 他 (外COLLINS)

メイン画像:メンデルスゾーン:夏の夜の夢,ルイ・ブラス ウェラー=RSO 他 (外COLLINS)ジャケット写真

商品番号:13612

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●メンデルスゾーン:
[1]「夏の夜の夢」Op.21, 61 全曲
〔1/序曲, 2/スケルツォ, 3/妖精の行進, 4/まだら模様のお蛇さん, 5/間奏曲, 6/夜想曲, 7/結婚行進曲, 8/ファンファーレと葬送行進曲, 9/道化役者たちの踊り, 10/第5幕第1場と第2場の間の音楽, 11/終曲: この家を通してきらめく光が〕
[2]「ルイ・ブラス」序曲 Op.95

■ウォルター・ウェラー指揮 ロイヤル スコティッシュ ナショナルo 4, 11/ アリソン・ハグリー(S) ルイーズ・ウィンター(MS) RSO児童cho

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} COLLINS*13612
 発売:92年/録音:1992年/収録時間:53分
△歌詞掲載 △ディスク中心部の刻印=MADE IN UK BY PDO
△プラケース=ハード・タイプ (天面・低面にギザギザなし)

コンディション

◇ディスク:B+/ 小スリキズ部分的にあり・外縁にもあり
◇ブックレット:A-/ 両側端に強めの小シワあり 内部白地に軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり

録音データ・その他

☆1992. 4 グラスゴー・シティ ホールにおける録音。(P) ジョン・H. ウェスト、(E) マーク・エドワーズ。
−ウェラーはウィーン生まれのイギリスの指揮者, ヴァイオリスト (1939-2015)。父は同名で しかも同じくウィーン・フィルの第1vn奏者をつとめたヴァルター・ヴェラ ー (1900-82)。幼少期からヴァイオリンの神童として名を馳せ、17歳からはウィーン・フィルに客演奏者として加わっていましたが、1958年 ウィーン国立歌劇場管に第1vn奏者して入団。その後は1961年 ウィーン・フィルの第1vn奏者、1965年 コンサートマスターとトントン拍子に出世しました。室内楽奏者としても活動し、1959年 ウェラーSQを結成、1971年頃まで活動しましたが、その間にヨーゼフ・クリップスに指揮を師事して、1969年 ウィーン国立歌劇場の指揮者として活動を開始。指揮者に転向しました。1971年 ドイツ・デュースブルク歌劇場の音楽監督をつとめたあと、1977年にイギリスに渡り、ロイヤル・リヴァプール・フィル、ロイヤル・フィル 、スコティッシュ・ナショナル管 (1991-96) の首席指揮者を歴任。当アルバムは就任の翌年の録音ということになります。その後もバーゼル響の首席指揮者やベルギー国立管の音楽監督をつとめました。

商品番号:13612

  • 通常価格:1,200円(内税)
  • 会員価格:1,140円(内税)【5%OFF】