▽モーツァルト:コシ・ファン・トゥッテ Sクイケン=LPB /LIVE (外ACCENT・3CD)

メイン画像:▽モーツァルト:コシ・ファン・トゥッテ Sクイケン=LPB /LIVE (外ACCENT・3CD)ジャケット写真

商品番号:ACC9296D

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●モーツァルト:
「コシ ファン トゥッテ」K.588 全曲

■ソイレ・イソコスキ(S:フィオルディリージ) モニカ・グロープ(MS:ドラベッラ) マルクス・シェーファー(T:フェッランド) ペル・フォレスタード(Br:グリエルモ) フーブ・クラーセンス(Bs:アルフォンソ) ナンシー・アージェンタ(S:デスピーナ)
 シギスヴァルト・クイケン指揮 ラ プティット バンド (o&cho) (古楽器使用) ピエール・アンタイ(cemb) 鈴木秀美(vc)

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} ACCENT*ACC9296〜8D (3枚組)
 発売:93年/録音:1992年LIVE/収録時間:73+57+50分
△紙箱付き(厚さ3.3センチ) △大判ブックレット付き(174ページ) △伊語詞・英仏独訳掲載
△ディスク=MADE IN GERMANY BY SONOPRESS (SONOPRESS刻印あり)

コンディション

◇ディスク:1)A-〜B+/ スリキズ少しあり(小さめ),2,3)A
◇ブックレット:A-/ 内部に直線状のシワ少しあり 軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇紙箱:B+/ 線キズ部分的にあり 軽い変色あり

録音データ・その他

☆1992. 10. 7 ブダペスト・リスト音楽院コンサート ホールにおけるライヴ録音。(P, E) アドリアン&アンドレアス・グラット。
−S. クイケンによるモーツァルト・オペラ初録音。この後2004年までにモーツァルト4大オペラを録音しました。−まずクイケン&ラ プティット バンドのピリオド楽器らしい柔らかな響きがいい。もちろんモダン楽器のようにヴォリューミナスではなく 薄味で、ロマン的なふくらみはありませんが、その代わりに18世紀後半らしい透明で軽妙な響き、速めのテンポを基本とした小気味よさが心地いい。遅速・強弱などのアゴーギクの細やかな変化を施し、それに機敏に反応することで感情の変化を作り出しています。そこにはライヴ演奏らしい感興を聞き取ることができます (ライヴらしいちょっとした瑕疵も散見されますが)。歌手は昔のような強い個性はないもののよく揃っています。世界的に活躍している (していた) 女声陣はさすがにうまく、また少なくとも録音の世界では有名とは言えない男性陣も遜色はないと言えるでしょう。この「コシ」は故 吉田秀和氏がレコ芸誌で絶賛したとのこと。なんといって褒めたのかはわかりませんが、なるほど、優れた演奏です。
−オケと合唱のメンバー表掲載。弦五部は6-6-4-4-2。ヴァイオリン部はコンマスの寺神戸亮の他 山縣さゆり、赤津眞言、近藤みちよの計4人の日本人が参加しています。−合唱は6-6-5-6。ソプラノにサラ・クイケン、マリー・クイケン、バスにピート・クイケンの名があるのは驚きました。サラとマリーはシギスヴァルトの娘、ピートはヴィーラントの息子で、サラはクイケン四重奏団にも参加しているヴィオラ奏者、マリーとピートはフォルテピアノ奏者として活躍しています。クイケン・ファミリーの英才教育で若き日 声楽も学んでいたのでしょうか。

商品番号:ACC9296D

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】