▽ロッシーニ:湖上の美人 ポリーニ=COE; リッチャレッリ(S) 他 (72DC536・2CD)

メイン画像:▽ロッシーニ:湖上の美人 ポリーニ=COE; リッチャレッリ(S) 他 (72DC536・2CD)ジャケット写真

商品番号:72DC536

  • 通常価格:2,000円(内税)
  • 会員価格:1,900円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ロッシーニ:
「湖上の美人」全曲

■カーティア・リッチャレッリ(S:エレナ) ルチア・ヴァレンティーニ・テッラーニ(MS:マルコム) ダルマシオ・ゴンザレス(T:ウベルト) ダーノ・ラッファンティ(T:ロドリーゴ) サミュエル・レイミー(Bs:ダグラス) 他
 マウリツィオ・ポッリーニ指揮 ヨーロッパ室内o プラハ・フィルハーモニーcho

ディスク・データ

CD//国内盤 {DDD} CS−CBSソニー*72DC 536〜7 (2枚組)
 発売:85年/定価:7200円/録音:1983年/収録時間:66+71分
△紙箱付き (▽厚さ3.1センチ) △大判ブックレット付き(96ページ)
△歌詞対訳掲載

コンディション

◇ディスク:2枚)A-〜B+/ 小スリキズ少しあり(強め含む*動作確認済)
◇ブックレット:B+/ 上辺に小シワあり 裏面角に小傷みあり 表紙両面に細かい薄汚れあり 内部白地部分に変色あり(軽め)
◇プラケース:B+ ◇紙箱:B+〜B/ 線キズ部分的にあり(強め含む) 角・端に傷み少しあり・小ハゲ部分的にあり

録音データ・その他

☆1983. 8. 19〜31 ペーザロ音楽院 ペドロッティ ホールにおけるライヴ録音。(P) デイヴィッド・モットリー、(E) プリニオ・チェーザ。
−「湖上の美人」は イギリスのW. スコットの叙事詩を題材にしたオペラ・セリアで、16世紀のスコットランドを舞台に ジェームズ5世、カトリン湖上の小島に住むエレン、そのエレンをめぐって恋のさや当てをする勇士らによる 恋と武勇の物語です。−C. スリム校訂、ペーザロ・ロッシーニ財団クリティカル・エディションによる。−あのポッリーニが指揮!?、しかもロッシーニの知られざるオペラ!? という発売当時の驚きは今でも変わらず、いまだに彼の指揮姿の写真1枚すら見たことがなく、またモーツァルトの弾き振りを除いて オケ作品でも指揮を執ったという噂を聞いたことがない者にとっては、本当にこれはポッリーニの指揮なのか?と疑ってしまうのですが、確かに1983年 ペーザロ・ロッシーニ音楽祭で、彼はこのオペラの復活蘇演の指揮を執ったようです。−ポッリーニは小編成のオケを使って、きびきびとしたダイナミックな演奏ぶりを披露。それは彼のピアノ演奏にも通ずるところですが、単にそれだけでなく 充分余裕があって、歌の聞かせどところのツボを心得ている様子。見事です。このオペラの復活蘇演に携わることとなったきっかけや 指揮の練習のことなど 最も知りたい部分だと思うのですが、国内盤のライナーノーツのアメリカのロッシーニ研究家ゴセット氏、あるいは黒田恭一氏の解説にはまったくその点 触れられていませんでした。−歌手もヴァレンティーニ・テッラーニ以下 素晴らしい布陣。特に当時新進だったふたりテノールの共演! ロッシーニ・テノールとして注目されていたゴンザレスが、線の細いリリコ レッジェーロながら、ウベルトの複雑至難な高音とテクニックを見事に表現。一方のラッファンティはもう少しロブストな声で、しかも高音もスゴイ。ラッファンティはロッシーニ以外のレパートリーも広かったのですが、その後 当時想像したような活躍にならなかったのは残念な気がします。このふたりのテノールが声を競い合う第2幕第2場 ([DISC-2]トラック8) は当アルバムの最大の聴きものでしょう。ポッリーニの緊張感ある指揮も見事です。

商品番号:72DC536

  • 通常価格:2,000円(内税)
  • 会員価格:1,900円(内税)【5%OFF】