ブラームス:交響曲第4番,ハイドン変奏曲 ワルター=コロンビアso (GS2062)

メイン画像:ブラームス:交響曲第4番,ハイドン変奏曲 ワルター=コロンビアso (GS2062)ジャケット写真

商品番号:GS2062

  • 通常価格:1,400円(内税)
  • 会員価格:1,330円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●ブラームス:
[1] 交響曲第4番 Op.98
[2] ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a

■ブルーノ・ワルター指揮 コロンビアso

ディスク・データ

CD//国内レーベル盤 {AAD} グランドスラム*GS-2062
 発売:11年/録音:[1]1959, [2]60年/収録時間:67分

コンディション

◇ディスク:B+〜B/ スリキズ部分的にあり(横方向の強め含む*動作確認済
◇ブックレット:B+/ ツメ咬み痕あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ白地部分に軽い変色あり
◇オビ:A-〜B+/ 直線状のシワ, 角の小シワ少しあり

録音データ・その他

☆:[1]1959. 2, [2]1960. 1 以上カリフォルニア・アメリカン リージュン ホールにおける録音。使用音源:米Columbia*MQ 323, MQ 371 (オープンリール・テープ・19センチ・4トラック)。
−いずれもワルター最晩年、CBS (SONY) へのステレオ録音より。瑞々しい音質で評価の高い 平林直哉氏のGRAND SLAMレーベルによるオープンリール・テープ復刻シリーズの1枚です。−このシリーズ、いつも興味深いライナーノートを掲載していますが、当盤では1960年、[1]の国内初出時 (ただしモノーラル盤)、当時30歳の宇野功芳氏の批評 (「LP手帳」)。最初「第2楽章はいただけない」と書いていますが、後で、同楽章について「しみじみとした感動は最高だ」と書いているなど、混乱が見られます。これに本人が掲載の許可を出したことがスゴイですね。

商品番号:GS2062

  • 通常価格:1,400円(内税)
  • 会員価格:1,330円(内税)【5%OFF】